平積み

平積み」は本屋の店頭での本の並べ方の1つです。

棚に入れる場合は差しで1冊が基本になりますが、たくさん本を展開したいときには複数冊を積んで展開します。

平積み

平積みの一例

平積みのメリットは表紙を見せることによって、本を見やすくディスプレイできることにあります。

また、複数冊を積んでおけるので在庫が切れるまで余裕を持てるうえに、売り切れてしまった場合でも1面が抜けるのですぐに気づくことができます。

書店の規模にもよりますが、新刊は1週間〜2週間は平積み(面陳)されて、売れなかった場合にはすぐ次の新刊に入れ替えられるというケースが多いと言われています。

出版・書店用語 書店実務
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

読書が好きなライターです。以前は書店員と出版社の仕事をしていました。2017年から㈱ミシェルベース代表。年間100冊ほど本を読みます。2013年から始めた読書ブログ「コトビー」は、おかげさまで累計読者が400万人を突破しました。趣味は「知らない街を散歩すること」

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB