【タイミングいつ?】dマガジンを解約してみた。退会方法を画像付きでわかりやすく

【タイミングいつ?】dマガジンを解約してみた。退会方法を画像付きでわかりやすく dマガジン

dマガジンなどの月額サービスは、使わなくなった時点ですぐに解約するのが最善です。

なぜなら、思いついたときに解約しておかないと忘れてしまい、「知らない間に課金されていた!」という事態になりかねないからです。

僕も月額サービスの解約忘れで使ってもない料金の請求で痛い思いをしたことが何度もあります。

そうならないためにも、dマガジンの解約は忘れずに行いましょう。dマガジンの解約方法とベストなタイミングがいつなのか、わかりやすく解説します。

dマガジンのアプリから解約はできない

dマガジン

それでは早速、dマガジン会員の解約方法を説明していきます。

最初にお伝えすると、dマガジンのアプリから解約はできません。解約専用ページがあるので、そちらから手続きをおこないます。

  • dマガジン会員の解約ページを開く
  • ②【dマガジンを解約する】をタップ(ページ下部)
  • ③ ログインをする
  • ④ 「dマガジン 注意事項」に目を通す(ページ中段)
  • ⑤ 「dマガジンの注意事項に同意する」にチェック
  • ⑥ 【次へ】をタップ
  • ⑦ 手続き内容を確認し【手続きを完了する】をタップ

① dマガジン会員の解約ページを開く

dマガジンの解約ページ

まずはdマガジンの解約ページに進みます。開くと「これ本当に解約ページなの?」というくらい、にぎやかですね(笑)

これは要するに、解約を引き止めるためにアレコレ情報を詰め込んでいるだけです。

「ポイントをプレゼント!」などの特典で翻意させようというわけですね。

もちろんこれらの特典で気が変わる人もいるでしょうが、解約する!と決めた以上は惑わされることなく解約に進みましょう。

②【dマガジンを解約する】をタップ(ページ下部)

dマガジンの解約ページ次へ

解約ページを下にスクロールしていくと、【dマガジンを解約する】というボタンが出てきますのでタップしましょう。

これまた、他の情報と比べて地味なこと。グレイで圧倒的に目立たなくさせていますね。

③ ログインをする

dマガジン解約ページのログイン

解約に進むためにはログインが必要です。

dマガジンは「dアカウントID」という、ドコモのサービスに共通するIDを使用しています。このIDはメールアドレスです。

ID、あるいはパスワードを忘れてしまった人は「IDをお忘れの方」「パスワードのお忘れの方」から手続きを行いましょう。

④ ⑤「dマガジン 注意事項」に目を通し、チェックを入れる(ページ中段)

dマガジン解約の注意事項

ログインが完了すると、ようやく手続きページが表示されます。

ここですべきことは「dマガジンの注意事項」を読み、【閉じる】ボタンを押すことです。

「dマガジンの注意事項」を読み終えないと、「▫dマガジンの注意事項に同意する」にチェックを入れることができません。

⑥【次へ】をタップ

dマガジンの解約ページ

内容を確認し、 チェックボックスにチェックを入れたら、【次へ】ボタンを押します。

これにより、最終的な解約の確認ページへ進むことができます。

⑦ 手続き内容を確認し【手続きを完了する】をタップ

dマガジンの解約手続きを完了する

ようやく最後のステップです。dマガジンの解約手続きの確認画面が表示されますので、内容を確認しましょう。

ドコモにはdマガジン以外にも「dブック」、「dミュージック」などさまざまなアプリがあります。

間違って他のサービスの解約になっていないか、しっかり確認しましょう。

ページ下部までスクロールして【手続きを完了する】というボタンをタップすれば、晴れて解約手続きが完了します。

日割りなし!月の途中で解約しても返金されない

dマガジンの日割り計算はなし!

dマガジンはいつ解約すべきか?という質問に対する答えはシンプルです。月末に解約しましょう。

dマガジンは、解約をしても返金がありません。

つまり、すでに払ってしまった料金は返ってこないということです。

月の途中でdマガジン会員の解約をされても日割り計算はせず、月額400円がかかります。ただし同一月内に何度、dマガジン会員の登録と解約を行っても月額利用料金は400円(税抜)になります。(dマガジン公式サイトより)

たとえば、12月1日に解約したとしましょう。そうすると、残りの12月の日数分は払い損ということになります。日割り計算による返金はないですからね。

つまり、すでに支払ったdマガジンの料金を無駄にしないためには、月末に解約するのがベストなタイミングということです。

ただ、皆さんも経験があると思いますが、この手の月額サービスって解約を忘れがちなんですよね。

僕もこれまで動画とか雑誌読み放題のサービスをたくさん使ってきましたが、解約を忘れて痛い思いをしたことが何度もあります。

なので、少しもったいない気もしますが、解約を忘れて1ヶ月分の料金をすべて失うくらいなら、解約しようと思ったタイミングで解約してしまったほうが結果的にはお得だと思います。

dマガジンをやめる人に朗報!無料お試しできる3つのサービス

dマガジンを解約した人におすすめ

dマガジンを解約する理由は人それぞれかと思います。

たとえば、

  • ・月額料金が高いと感じた
  • ・アプリが使いにくい
  • ・マンガが読みたい

などの理由でやめる人が多いようです。

これはつまり、あなたが読みたいコンテンツとdマガジンの相性が良くなかったということです。

ですから、これらを解消できれば、dマガジンよりもはるかに充実した満足度の高いサービスを利用することができます。

ここでは、dマガジンを解約したあとにおすすめしたい月額サービスを見ていきましょう。きっと、dマガジンを使うよりも高い満足度が得られるはずです。

月額料金をとにかく安くしたい!→ 楽天マガジン

dマガジンの月額料金は月額400円(税別)ですが、金額的には決して馬鹿にできません。

雑誌読み放題サービスをとにかく安く利用したい!ということであれば、楽天マガジンを利用しましょう。

無料で楽天マガジンを試してみる

楽天マガジンの月額料金は月額380円(税別)と、dマガジンよりも安いです。そして、読める雑誌数も250誌以上なので、dマガジンと互角。

そして、楽天マガジンがすごいのが、年額プランを選ぶとさらに安い料金で使えるところにあります。

楽天マガジンの年額プランは楽天マガジンとなっており、月額料金で払うよりもはるかに安くなります。

それでいてdマガジンと読める雑誌数が互角なわけですから、相当お得なんですよね。

ちなみに楽天マガジンは31日間無料でお試しができます。使ってみて、無料期間に解約しちゃえば料金は一切かかりません。そして、楽天マガジンの解約方法もかなり簡単なので安心して使えます。

 dマガジン楽天マガジン
料金(税別)400円380円
3,600円(年額プラン)
読める雑誌数250誌以上250誌以上
無料お試し期間31日間31日間
使える端末数最大6台最大7台
バックナンバー
クリッピング
(お気に入りページ)

(最大100件)
ダウンロード
ポイント付与dポイント
(100円で1ポイント)
楽天ポイント
(100円で1ポイント)
お気に入り雑誌の登録

無料で楽天マガジンを試してみる

【超安い】楽天マガジンの料金はいくら?使ってわかった「お得すぎる理由」
楽天マガジンの料金はいくらなのか?月額プランと年額プランで料金は異なるので、くわしく解説します。楽天マガジンの料金がいくらなのか気になる人はぜひ読んでみてね!

マンガが読みたい!→ ブック放題 or KindleUnlimited

dマガジンはコミック雑誌が読めませんし、単行本のマンガを読むこともできません。

「雑誌ではなく、マンガが読みたいからdマガジンを解約する」という人も多いと思います。

もしコミック読み放題を利用したいなら、ブック放題Kindle Unlimitedがおすすめです。

ブック放題もKindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)も、マンガが読み放題です。

そして、ブック放題は旅行雑誌の「るるぶ」が読み放題というオマケつき。

Kindle Unlimitedはマンガだけでなく、書籍、雑誌も読み放題です。

僕は雑誌、書籍、マンガすべてを読むので、Kindle Unlimitedがお気に入りで使っています。

正直いって、毎月月額980円(税込)で読めるコミックや書籍のタイトルが豊富すぎるので、お得感がハンパではないです。

ちなみに、Kindle Unlimitedも1ヶ月無料でお試し利用ができます。解約方法もかなり簡単なので、実際に使ってみて判断できるのが良いですね。

無料でKindle Unlimitedを試してみる

【気になる評判も】Kindle Unlimitedを使い倒す私が、5つのおすすめポイントと使い方をご紹介
もうかれこれ、KindleUnlimitedを2年以上使ってます。使い倒してきたわかった、KindleUnlimitedのおすすめの使い方とメリット&デメリットをご紹介。評判も集めてみたので、これでKindleUnlimitedがわかるはず!
サービス名月額料金読める雑誌数サービス内容
dマガジン400円250誌以上雑誌
楽天マガジン380円250誌以上雑誌
Kindle Unlimited980円雑誌、マンガ、書籍
ブック放題
500円200誌以上雑誌、マンガ、書籍
U-NEXT1,990円70誌以上雑誌、動画、マンガ、書籍
FODマガジン 888円100誌以上雑誌、マンガ、動画
マガジン☆WALKER500円80誌以上雑誌
タブホ500円800誌以上雑誌
Fujisan.co.jp
(富士山マガジンサービス)
無料5,000冊以上雑誌
(最新号試し読み+バックナンバー)
ブックパス562円300誌以上雑誌、マンガ、書籍
  • ○ 読める雑誌が250誌以上と豊富
  • ○ 記事別ランキング読める
  • ○ 独自の特集がおもしろい
  • ○ 月額400円(税別)で読み放題
  • ○ 初回31日間お試し無料
  • ○ dポイントが100円で1ポイント貯まる
  • ✕ 操作しづらいと感じる人も多い
  • ✕ 読み込みが遅い
  • ○ 雑誌定額サービス最安の月額380円(税別)
  • ○ 年額プランなら960円値引き(年額3,600円)
  • ○ 読める雑誌が250誌以上と豊富
  • ○ 初回31日間お試し無料
  • ○ 楽天ポイントが100円で1ポイント貯まる
  • ✕ 一部の週刊誌が読めない
  • ✕ 記事別ランキング機能がない
ブック放題
  • ○ 雑誌200誌以上、マンガ20,000冊以上が読み放題
  • ○ 旅行ガイド「るるぶ」が100冊以上読める
  • ○ 月額500円(税別)と料金が安い
  • ○ 1ヶ月の無料お試し期間あり
  • ✕ コミックのラインナップがイマイチ
  • ✕ 一部の週刊誌が読めない
  • ✕ 記事別ランキング機能がない
dマガジン雑誌定額サービス
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

ライター。書店と出版社での仕事を経験後、本と英語のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。現在の目標は1日1冊、洋書を読むこと。1988年、千葉県生まれ。読書量は年間200冊ほど。

アユムをフォローする



本と英語のWebマガジン コトビー