買取王子で本を売ったら高く売れたので凄くおすすめしたい【口コミ&評判】

買取王子で本を売ったら高く売れたので凄くおすすめしたい【口コミ&評判】 本を売る・処分する

文庫や新書はわりとお手頃価格で買えますし、古本屋に行けば100円で買えたりしますよね。

それとちがって、専門書はもとの値段が高いですし、古本になっても値段が下がりません。

つまり、手に入れるときはどうしたってお金がかかるわけです。

裏返すと、専門書を手放す(売る)ときの価格が安いと、損をした気分が増幅されますよね。

たとえば5000円もした専門書の買取価格が200円ぐらいだと「ほげー」とふだんは出さない声が出てしまうほどです。

私は仕事でもプライベートでも専門書を買って読むことが多いので、それを手放すことも多いです。

だから「高く売りたい!」という欲求が他の人よりも強いと思います(笑)

いろいろ試したのですが、買取王子というネット買取で本が高く売れたのでオススメしたいです。

買取王子のメリットとデメリットをくわしく解説します。

買取王子はコチラ

スポンサーリンク

買取王子は本だけじゃないけど、本が高く売れる

買取王子で売れるもの

買取王子公式サイト

私は本をたくさん買うので、本を売る機会もたくさんあります。溜め続けると本が部屋にあふれちゃいますからね。

昔はブックオフに持ち込んだりしていたのですが、本を売るときにちょっと恥ずかしいし(「こいつこんな本読んでるのか」とか思われそう)、なにより持ち込むのが圧倒的に面倒なんですよね。

本は重いし、車がないと運ぶのは無理だし。

ということで、いつしか本のネット買取に自然と移行していったんですが、ネット買取もいろいろ試しました。

そのなかで買取王子を継続的に使うようになりました。その理由は本も高く売れるし、本以外の商品も高く売れるからです。

具体的に以下のような商品も買取王子は買いとってくれます。

  • ブランド品
    ホーム・キッチン
    家電・カメラ
    スマホ・パソコン
    オーディオ
    楽器
    切手・金券
    ミュージック
    DVD・ブルーレイ
    ゲーム
  • ファッション
    時計・アクセサリー
    宝石・貴金属
    ホビー・おもちゃ
    お酒
    カー・バイク用品
    アウトドア、スポーツ用品

もはや売れないもののほうが少ないと思えるくらい、買取品目が豊富です。

本を売るのはもちろんですが、引っ越しや大掃除で不用品も一緒に売れるのでとても効率的です。

実際、わたしも大掃除シーズンになると不用品と本を一緒に売りに出してます。

これは余談ですが一回だけ、ゴルフクラブセットのバッグのみを買取王子へ売りに出したことがあるんですよ。

ほぼお金にならないと思ってたんですが、売ってみたら5,400円で売れました。これは今でも覚えているくらい驚きでしたね。

買取王子はコチラ

買取王子をおすすめする理由は全部で6つ

  • ① 本が高く売れる(専門書からマンガまで)
  • ② 本以外の商品も高く売れる
  • ③ 梱包用のダンボールが無料でもらえる
  • ④ 集荷および配送が無料(日時指定できる)
  • ⑤ 査定結果を見てキャンセルも可(返送料も無料)

引っ越しや大掃除の機会だけ「たまに本を売る」という人も多いと思いますが、私のように「こまめに本を売る」という人もいると思います。

いずれにしても、本をネットで売るなら得られるメリットを追求するべきです。どこにメリットを感じるかは人それぞれかと思いますが、どんな人にも響くメリットは「高く売れる」だと思います。

まずは「高く売れる」というメリットから、買取王子をくわしくみていきましょう。

① 買取王子は本が高く売れる(専門書からマンガまで)

買取王子はいろんな本が高く売れる

やはり、本を売る以上は高く売りたいですよね。本が高く売れれば、そのお金でまた新しい本を買うこともできますし、急用で現金が欲しいときにも助かるはずです。

わたしはいまのところ、ネット買取では買取王子ブックサプライが2強だと思っているのですが、それぞれで買取額を比べてみると、買取王子のほうが高く売れる実感があります。

もちろん売る本や冊数によってちがいがあるのは当然ですが、買取王子で売ったほうが「こんな高く売れたか」という驚きが大きいんですよね。

本を売るなら断然ネットがおすすめ!高く売れる宅配買取業者を完全比較
本を売るなら高く売れるネット買取がおすすめです。古本屋への持ち込みよりも、ネット書店の買取ほうが断然高く売れます。宅配サービスもあるのでとってもラクですよ。しかも無料でダンボールがもらえて、キャンセルも無料です。

買取王子はどんなジャンルの本でも買い取ってくれます。文庫、新書はもちろん、マンガ、専門書、絵本もOKです。売れます。

わたしはコンピュータの(プログラミングなど)専門書を売ることがわりと多いんですが、買取王子は古本の相場を正しく反映して買い取ってくれていると思います。いまのところ、買取王子で売って不満を感じたことはありません。

以下は実際に買取王子で本を売ったときの買取額です。何冊売ったか正確に覚えておらず申しわけないんですが、金額的には十分に満足だったことははっきり覚えています。

買取王子で本を売ったときの実際の買取額

ちなみに、あとでくわしく説明しますが、買取王子では現金受取以外にもポイント受け取りやAmazonギフト券でも受け取ることができます。私はアマゾンギフト券で受け取ることが多いです。

「ネット買取だと本が安い値段でしか売れなそう…」というイメージを持つ人もいると思いますが、実店舗よりもコストがかかってないので、ネット買取のほうが高く売れる可能性は大きいです(ただし、希少本は専門の実店舗に持ち込んだほうがいいと思います)。

買取王子はコチラ

② 本以外の商品も高く売れる(点数が多いと金額アップ)

本以外の商品も高く売れる(点数が多いと金額アップ)

さきほども説明しましたが、買取王子は本以外の商品も売ることができます。

本を整理するときにクローゼットとか物置きも一緒に整理する人は多いと思うんですが、そこで出てきた不用品をまとめてダンボールに詰めて売れると便利ですよね。

それと、買取王子は売れば売るほど、つまり買取点数が増えるほど買取額がアップするというキャンペーンを不定期でやっています。

以下の表を見てもらうとわかりやすいと思いますが、買取点数に応じて、買取金額に上乗せされた金額を受け取ることができちゃいます。

点数プラスアップ金額
5〜9点+500円アップ
10〜19点+1,500円アップ
20〜39点+3,000円アップ
40〜59点+7,000円アップ
60〜79点+9,000円アップ
80〜99点+15,000円アップ
100〜199点+30,000円アップ
200点以上+60,000円アップ

この手の買取額アップキャンペーンってじつはいろんなネット買取サイトがやってるんですよね。買取王子もその一つなんですが、金額がかなり高く設定されているのがわかります。

そして、本だろうとブランド品だろうとすべて品数にカウントされるのも大きな特徴です。

たとえば20点の買取で査定額が10,000円だったとすると、プラスアップ金額は3,000円なので合計で13,000円を受け取ることができます。

あまり大きな声では言えませんが、家にあるガラクタ(査定金額100円以上の商品が対象)でも点数が多ければそれだけで十分なお金に換えることができちゃいます。

買取王子はコチラ

③ 梱包用のダンボールが無料でもらえる

本を送るときに困るのが、梱包用のダンボールだと思います。家にたまたまあればいいんですけど、あったとしてもサイズが合わない可能性もありますよね。

ダンボールをわざわざ買うわけにもいかないし、近所のスーパーにもらいに行くのもかなり面倒です。

買取王子はダンボールを無料でもらうことができるので、自分で用意する必要がありません。ダンボールの送料も無料で、買取申込み後すぐに発送されます(佐川急便が届けてくれます)。

わたしは本を売るときは毎回ダンボールをもらっています。エリアや時期によって変わることがあるかもしれませんが、以下のような鮮やかなイエローのダンボールが届くのでちょっとだけ気分が明るくなります(笑)

買取王子はダンボールが無料

ひとつ残念なのは、買取王子の無料ダンボールは2箱までという制限があることです。そして、一度に買い取ってもらえるのも2箱までと決まっています。

つまり2箱以上の本やグッズを売る場合は、複数に分ける必要があります。

ちなみにブックサプライダンボールが10箱まで無料でもらえますので、大量の本を売りたい人はブックサプライを選んだほうが利便性が高いかもしれません。

【ダンボール無料】大量の本を処分するなら「ブックサプライ」がおすすめな理由
大量の本を売るならネット買取のブックサプライがおすすめです。ダンボールが無料でもらえて、配送料も無料。さらにキャンセルと返送料も無料なので、大量の本を売るときも安心して利用できます。

アイテムによって箱や梱包材のサイズが分かれていて安心

買取王子は売るアイテムによってダンボールや梱包材が分かれています。つまり、「商品を送りたいのに箱に入らない」という事態は起きにくいです。

具体的には以下のようにダンボールが分かれています。

買取王子の買取箱サイズ

さきほど説明したように、ダンボールは最大2箱までしかもらえませんが、売りたい商品に合わせてダンボールを選ぶことができるのでムダを減らすことができます。

買取王子はコチラ

④ 集荷および配送が無料(日時指定できる)

集荷および配送が無料(日時指定できる)

買取王子で本やグッズを売るのに、お金は一切かかりません。

集荷や配送料も無料です。そして、集荷日時は日時指定ができるので、忙しい人や「配送業者がいつ来るかそわそわしちゃう」という人にも使い勝手が良いサービスです。

あとでくわしく紹介しますが、集荷日時の指定や無料でもらえるダンボールの個数などは買取申し込み画面でまとめて入力します。

つまり、一回の申し込みで集荷やダンボールの手配までまとめて出来るので、手間がかかりません。

買取王子はコチラ

⑤ 査定結果を見てキャンセルも可(返送料も無料)

査定結果を見てキャンセルも可(返送料も無料)

いくら買取王子が高く売れるからといって、すべての本が高く売れるとは限りません。

正直なところ口コミや評判を見ると「買取王子の買取額は低かった」という声も見られます。当然ながら、すべての人が満足できるわけではないです。

私はこれまで使った限りは満足です。しかし、人によっては「全然納得できないからキャンセルしたい」ということが起こりえます。

さて、そんなときでも買取王子はキャンセルができます。キャンセル料は無料で、しかもキャンセルによる本の返送料も無料です。

買取王子では申込画面で以下の2つから好きな方を選ぶことが出来ます。

  • ① 買取金額を「自動的に」承認する
  • ② 買取金額を「確認してから」承認する

本や不用品を売るときに「とりあえず処分したいから金額は気にしない」ということであれば、①の自動承認を選びましょう。

一方で、査定額を確認してから売るかどうか決めたいという人は、買取額を確認してから承認 or 非承認(キャンセル)を決めることができます。

わたしは基本的にいつも②の確認後の商品を選んでいます。②を選ぶと、査定が終わったあとに以下のようなメールが届きます。

買取王子の査定額確認メール

査定額の確認は買取王子のマイページからチェックできます金額を見て納得ができなければ否認を選びましょう。キャンセルされた商品は、無料で自宅まで返送されます。

買取王子はコチラ

商品代金の受け取り方法次第で、金額がアップする

商品代金の受け取り方法次第で、金額がアップする

さきほどもちらっと説明しましたが、買取王子は代金の受け取り方法が3つに分かれています。

受け取る方法によってお得度がわずかながら変化します。わたしはだいたいAmazonギフト券で受け取ることが多いです。

  • ① 買取王子ポイント
  • ② Amazonギフト券
  • ③ 銀行振込

① 買取王子ポイントはボーナスポイントがもらえる

1つ目は買取王子ポイントで受け取る方法です。たとえば本などを売って10,000円分のお金になったとしましょう。その10,000円分を現金ではなく、買取王子ポイント10,000円分に交換するということです。

買取王子ポイントで受け取るメリットは、ボーナスポイントにあります。

ポイントを受け取ってそのまま貯めておくと、1ヶ月ごとに総ポイントの1%が自動で加算されていくというおいしい仕組みです。

貯めたポイントは、毎月月末に1%が加算され、何もしなくても最大6ヶ月間で6%が加算されます。

たとえば10,000ポイント貯まっているとしましょう。6ヶ月後には10,615ポイントに増えるという計算です。

本や不用品を売ってすぐに現金化したい人には向きませんが、売ったお金の使い道が特に無いという人は買取王子ポイントに貯めておけば自動でポイントが増えるのでお得です。

なお、貯めたポイントはいつでもAmazonギフト券や現金振込で受け取ることができます。

ちなみに買取王子ポイントを使って「選べるe-GIFT」で好きな商品と交換したり、買取王子が運営するサイトで買い物をすることもできます。ただし、還元率を考えるとそれらで使うのはおすすめしません。

② Amazonギフト券で受け取ると受取金額がアップ

2つめの方法はAmazonギフト券で受け取る方法です。

ふつうにAmazonギフト券で受け取るだけだと金額は現金受け取りと変わりません。

【本を売る→買取王子ポイントで受け取る→買取王子ポイントでAmazonギフト券に交換】という手順を踏むと、最大で11%も買取額がアップします。

正直ちょっとわかりにくいと思うのですが、いずれにしても買取王子ポイント経由でAmazonギフトに交換することでお得だということです。

ちなみに、Amazonギフト券は即日受け取ることができるので、その場ですぐに買い物に使えるメリットがあります。現金振込だと2〜3日かかるので、売却代金ですぐに買い物したい人にもおすすめです。

③ 現金振込は現金化したい人におすすめ

3つめはふつうに現金として受け取る方法です。買取額アップなどはありませんが、スグに現金が欲しい人におすすめ。

タイミング次第では即日振込をしてもらえますが、だいたい2〜3日はかかると見ておいたほうがいいです。土日祝日は振込してもらえません。

振込手数料は買取王子が負担してくれます。

買取王子はコチラ

買取王子で本を売るための申し込み手順&流れ

さて、ここからは買取王子で本を売るための申込み方法と流れについてくわしく解説していきます。

まずはおおまかな流れをおさえておきましょう。以下のとおりです。

  • ① 公式サイトで必要事項を入力(スマホ・パソコンどちらも可)
  • ② 無料ダンボールを届けてもらう(必要な人のみ)
  • ③ ダンボールに本を梱包
  • ④ 佐川急便に集荷してもらう
  • ⑤ 査定完了。代金を受け取る

① 公式サイトで必要事項を入力

まずは買取王子の公式サイトに行きましょう。サイトに行ったら【買取申込】という赤いボタンを押します↓

買取王子の申込みボタン

住所や名前、さらにはダンボールの要不要などを入力しましょう。商品の引き取り希望日時もこの画面で入力します↓

買取王子の商品の引き取り希望日時

入力が終わったら【買取を申込む!】というボタンを押してください。ページ移動はないので、入力が終わったらすぐに申し込みが完了するのが良いですね↓

買取王子の【買取を申込む!】

② 無料ダンボールを届けてもらう(必要な人のみ)

買取王子はダンボールが2箱まで無料でもらえます。

申し込み入力画面でダンボールの個数とサイズを入力すれば、それだけで自宅にダンボールが届きます。

ダンボールの着日指定はできないので、最短日付での到着となります。

不在だった場合は不在票が入るので、あらためて再配達の依頼をしましょう。

手持ちのダンボールがある人は、それをそのまま使ってもかまいません。

③ ダンボールに本を梱包

ダンボールに本を入れていきましょう。ダンボールに本を詰める作業は書店員でもなかなかむずかしかったりします。サイズぴったりに本が入れられるとは限りませんからね。

とはいえ、ダンボールと本の間にスキマがあると、輸送中に本が傷む可能性があります。

本が傷むと査定額がダウンする可能性もあるので、新聞紙を丸めるなどしてスキマは埋めるようにしてください。

ダンボールに本が入ったら、ガムテープで上が開かないように留めれば完了です。なお、ガムテープの梱包材料は自分で用意する必要があります。

④ 佐川急便に集荷してもらう

買取申し込みのときに入力した日時に、佐川急便が集荷に来てくれます。その日時までにダンボールへの梱包は済ませておきましょう。

「いつが集荷日か忘れちゃった」という人は、買取王子のマイページから確認できます。

送り先が書いてある送り状は、佐川急便の人が作成してくれていますので、こちらで用意する必要はありません。

あくまでも梱包済みのダンボールだけを渡せばそれだけでOKです。

⑤ 査定完了。代金を受け取る

ダンボールが買取王子に到着し、査定がするとメールで連絡が来ます。

申込みのときに買取額を「自動で承認」を選んだ人はすぐに選んだ方法で代金を受け取ることができます。

買取額を「確認して」決めるを選んだ人は、マイページで査定額をチェックして承認 or 否認を選びましょう。

ちなみに、ダンボールが買取王子に届いてからだいたい4〜7日で買取代金が振り込まれます。

買取王子はコチラ

買取王子はで本を売る!こんな人におすすめ

買取王子はで本を売る!こんな人におすすめ

  • ・お店に本を持ち込むのが面倒な人
  • ・梱包するダンボールが家にない人
  • ・ネット買取で少しでも高く売りたい人
  • ・査定額を確認してから承認したい人
  • ・キャンセルができるネット買取を選びたい人
  • ・本だけでなく、いろんな不用品をまとめて売りたい人

最近はメルカリで不用品を売る人が増えましたよね。私もメルカリで本を売ることもありますが、基本的には買取王子を使っています。

というのも、100冊を超える本を売るとなると、メルカリは厳しいからです。

買取王子は買取額も高いですし、キャンセルも無料&返送料も無料なのでわりと安心して使えるネット買取だと思います。

本をどこで売ろうか悩んでいる人は、ぜひ一度、買取王子を使ってみてください。

買取王子はコチラ

本を売る・処分する買取王子
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

1988年、千葉県生まれ。書店と出版社を経て、ライターとして活動中。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。

【読みたい本が見つかる】をコンセプトに、洋書・和書のおすすめ本をご紹介。「読書が大好きで、洋書も気になるし、英語も身につけたい」。そんな欲張りな人(自分含め)に向けて記事を書いています。

アユムをフォローする



読みたい本が見つかるWebマガジン コトビー