LAMY2000とLAMYトライペンをレビュー!デザインと書き心地に惚れた

文房具

多機能ボールペンといえばジェットストリームやフリクションが人気ですよね。
でも、ちょっとこだわりたいときや「人とかぶるのがイヤ」という人にはLAMYの多機能ペンがおすすめです。
今回はいくつか種類があるLAMYの多機能ペンの中から「LAMY2000」と「LAMYトライペン」をレビューします。

超ロングセラー。50年以上変わらないデザイン「LAMY 2000」

LAMY20004色多機能ボールペン
まずはLAMYの名作ともいえる、2000です。というより、もはやラミーの代名詞とも言える存在かもしれません。
というのも、2000という製品は1966年に登場したラミーのデザインプロダクト最初の製品だからです。
デザイナーのゲルト・アルフレッド・ミュラーによって作り出された2000は、いまでも当時と変わらないデザインを保っています。

LAMY2000にもいくつか種類がある

じつはLAMY2000といっても、そのなかには以下のような種類があります。ですから、厳密に言うと「LAMY2000の◯◯」という言い方になります。
ここで紹介するのは、まさしく「LAMY 2000」です。

  • ・LAMY 2000 black amber 50th anniversary edition
  • ・LAMY 2000 stainless steel
  • ・LAMY 2000 blackwood
  • ・LAMY 2000 taxus
  • LAMY 2000

ラミー 2000 ラミー・LAMY

ネットでの人気や知名度を見る限り「LAMY2000 = 4色ボールペン」という認識が一般的になっていると思います。ちなみに、LAMYの公式サイトでは「L401」という型番を確認することができます。

赤+青+緑+黒の4色ボールペンで万能

赤+青+緑+黒の4色ボールペン
4色ボールペンは「赤+青+緑+黒」という定番カラーとなっていて、これさえあれば他のボールペンは不要ともいえる利便性です。
私はノートや手帳を書くときに、ペンを色分けしています。

  • ・仕事…青
  • ・英語学習…赤
  • ・プライベート…緑

自宅はもちろんですが、外出先でも1本だけあれば事足りるので助かってます。

ペンの出し方は「振り子式」。けっこうクセあり

LAMY2000の振り子式
一般的なボールペンは色がセクションごとに分かれていて、使いたい色を押し出すつくりになっています。たとえばこんなやつです。
LAMY2000のペンの出し方は特殊で「振り子式」を採用しています。ひとことでいえば、出したい色を上に向けながらノックする方法です。
これは好き嫌いが分かれると思うので、実物をさわってみたほうが良いでしょう。わたしは実物を見ないでネットいきなり買ってしまいましたが(笑)
振り子式のメリットとデメリットを比較してみると以下のようになります。

  • メリット
  • ・ボールペン出し入れ時の「カチッ」という音が鳴らない(ただし、無音ではない)
  • ・なんとなく気持ちいい(個人差あるだろうけど)
  • ・4色入りでこんなに細身&コンパクトなのは振り子式のおかげ
  • デメリット
  • ・自分が出したい色とはちがう色が出ちゃうことが多い
  • ・慣れるまで使いにくい
  • ・他の色に切り替えるとき、ワンノック余計に必要

わたし個人の感想でいえば、振り子式は使いづらいです。やっぱりジェットストリームの多機能ボールペンに慣れていたせいで、ペン色の切り替えがストレスになります。
まず、出したい色を上に向けてノックしても、ちがう色が出てしまうことがあるからです。「慣れればノールックで好きな色が出せるよ」っていうレビューがネットでもちらほらありますが、わたしはたぶん一生できないです(笑)
また、一般的なノック式なら、たとえば「黒が出てる状態→赤を押す」という動作だけで色の切り替えが可能でした。
でも、LAMY2000の振り子式は「黒が出てる状態→黒をいったん引っ込める→赤を押す」という動作が必要なため、ワンノック余計にかかります。これもストレスです。
正直なところ、ジェットストリームの多機能ペンのようなノック式のほうが効率的です。
ではなぜ買ったのか?それは、やはり日本製のボールペンにはないデザインがあるから。
持っていることの満足感は、やっぱりラミーに軍配が上がるのです。【色の切り替えストレス < 持ってることの高揚感】
実用性よりもデザインで買うボールペン、とでも言えるでしょうか。だから、「ボールペンには機能性と実用性しか求めない!」という人にはおすすめできません。

重量は意外と軽め。書き心地は好みが分かれるかも

LAMY2000は意外と軽い
ボールペンの書きやすさを決めるのはペンの形状やグリップ感ですが、わたしは「重量」も非常に大切だと思っています。
ノートにペンで書くとき、わたしは程よい重量感がないとペンが走りすぎてしまい、気分良く字が書けません。
だから、ボールペンにはそれなりの「重さ」が必要になります。
LAMY2000の重量は16gです。と、これだけ言われてもピンと来ないかもしれませんね。目安として、多機能ペンの「ジェットストリーム 4&1」の重量は約23gです。
手に持った感想、ノートに書いた感想は「おもったより軽いな」、そして「思ったよりペンが走っちゃうな」というものでした。
ステンレスの見た目は重厚感があって、ずっしりしてそうですが、意外と軽いです。

耐久性に難あり?LAMY2000は「折れる」という声も

せっかくLAMY2000を買うなら、一生使うくらいの気持ちで大切に長く使いたいですよね。
そこで気になるのが耐久性なのですが、LAMY2000は「折れやすい」というレビューも少なくありません。
ボールペンが折れるというのはよっぽどな気もしますが、どこが折れるのかというと、つなぎ目が折れるのです。
LAMY2000は折れる
とはいえ、これは扱い方の問題もあると思います。落としたり、無理に力を加えたりすればパーツ痛み、折れやすくなるのは当然です。
「折れちゃった」という人もいれば、「10年以上愛用している」という人もいます。
たしかに折れるという事実はありますが、壊れやすいということではありません。

ボールペン2本+シャープペン「LAMYトライペン マットステンレス」

ボールペン2本+シャープペン「LAMYトライペン マットステンレス」
LAMYトライペンは、LAMY2000に比べると知名度は高くないのですが、個人的に「書き心地ナンバーワン。最高にしっくり来るボールペン」です。
ゲルト・アルフレッド・ミュラーによる名作「ラミー cp1」をデザインのベースとしていて、そのデザインは非常に洗練されています。
フラットなステンレスボディと、つや消しのマットな質感がビジネスシーンでも映えるデザインです。
ちなみにLAMYトライペンはあくまでもシリーズ名で、厳密には以下の3種類があります。
ここで紹介するのは「L759 ステンレスペンシル&油性ボールペン&マーカー」です。

  • ・L759 ステンレスペンシル&油性ボールペン&マーカー
  • ・L746 ブラックペンシル(0.5mm)& 油性ボールペン(ブルー、レッド)
  • ・L405 ボールペン ステンレス

本体は重めで、書き心地は最高。安定感がある

トライペンは重めです。
LAMYトライペンが、「自分史上ナンバーワンの書き心地」の逸品として君臨する最大の理由が「重さ」にあります。
LAMYトライペン マットステンレスの重さは約28g。LAMY2000が16gですから、1.5倍以上の重さです。
わたしにとって、この重さが非常に使いやすくて気に入っています。
トライペンとそれ以外のペンで書いたときの筆致が明らかにちがうのがわかるレベルです。
これで書くだけで字が上手くなる。そういっても過言ではないくらい、LAMYトライペンは書きやすくて良いんです。

ペンの切り替えが非常にやりづらい

トライペンの回転式
LAMYトライペンマットステンレスの切り替えは「回転式」です。ペンの上部と下部をひねってペン先を切り替えるタイプですね。
さて、この回転式が非常に使いづらいです。これはLAMYトライペンの大きなデメリットになります。
そもそも、ノック式に比べると回転式は手間がかかるので使いづらいですよね。LAMYトライペンはそれに加えて、回転するときの止まりが甘いんです。
つまり、シャープペンから黒ボールペンに切り替えようと思ったのに、1つ通り越してマーカーに切り替えわってしまうことがあるわけです。
国産の回転式ボールペンは各色で「カチッ」と止まるので、そこまでストレスはないんですけどね。
書き心地がいいだけに、LAMYトライペンの回転式は非常に惜しいです。

どちらもフックの角が手に当たるので痛い

フックが手に当たる
LAMY2000とトライペンにはもう1つ確認しておくべきポイントがあります。それは、上部のフックが手にあたって痛い、ということ。
長く字を書いているといろいろな角度に傾けることが出てきます。そのとき、フックの角が尖っているので、手に当たって少し痛い(ちょっと不快)です。
これは実際に字を書いて、長いこと使ってみないと実感できない使い心地だと思いますので、レビューしておきます。
人によっては気にならない部分かと思いますが、安くはない買い物なので注意したいですね。

LAMY2000もトライペンもジェットストリームプライムの替芯(4C規格)に交換

ジェットストリームプライムの替芯に交換
ラミー純正芯の書き心地も悪くないのですが、書き出しが必ずといっていいほど掠れるので、本体と一緒にジェットストリームプライムの替芯を買って入れ替えました。
このやり方は文房具界隈(?)では非常に有名で、LAMY所有者の多くがジェットストリームに芯を入れ替えています。
メーカーとしてはなんとも言えない複雑な気持ちでしょうが、本体のデザインと書き心地を満足の行く最高のものにするためには、仕方がないのです。
というより、LAMYも三菱鉛筆(ジェットストリーム作ってるメーカー)も、こういうニーズをくみ取った製品開発をしてほしいですよね。

どちらもデザインと書き心地は満足。細かい欠点に注意

LAMY2000もトライペンも、書き心地という点では十分なレベルにあります。
また、言うまでもなくデザインは洗練されいて、持っている満足感は非常に高いです。
わたしは2本愛用していますが、持っていてニヤニヤしちゃうので、それだけ注意が必要かもしれません。不審者注意。
LAMYの箱

商品はこんな感じの箱に入っています

LAMYの箱3
LAMYの箱4

LAMYの箱5
ラミーの箱は筆箱としても使える?

余談ですが、中身を取り出すとペンケースとしても使えたり

ラミーの箱は筆箱としても使える?2

中にボールペンを入れてもいいかも
文房具
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

1988年、千葉県生まれ。年間200冊以上の本を読む読書家。書店と出版社を経て、現在はライターとして活動中。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。

【読みたい本が見つかる】をコンセプトに、洋書・和書のおすすめ本をご紹介しています。「読書が大好きで、洋書も気になる」という人(自分含め)に向けて記事を書いています。

アユムをフォローする



読みたい本が見つかるWebマガジン コトビー