語学のリスニングアプリは再生速度が自由に変えられるALCOが超絶おすすめ【無料】

語学のリスニングアプリは再生速度が自由に変えられるALCOが超絶おすすめ【無料】 英語アプリ

英語のリスニングをするとき、多くの人は教材を買いますよね。

最近はアプリでもリスニング勉強ができますが、体系的に学ぶならやっぱり本が良いと思っています。

本を買うとリスニング用のCDが付いてますが、これをどう再生するかによって学習効率が大きく変わってきます。

今回はリスニングCDの再生スピードを簡単に変えることができる無料スマホアプリ「語学のオトモ ALCO[アルコ]」を紹介します。

アルコはどんなCDも取り込める太っ腹な仕様

まずはアルコのアプリについてザッと紹介したいと思います。

アルコはアルクという語学系出版社が運営しているスマホアプリです。

このアプリはアルクの出版物を電子書籍として読むことができる機能もあるのですが、それ以上に目玉として使えるのが音声再生機能です。

アルクの教材をダウンロードして再生できるのはもちろんなんですが、アルコアプリなら他社のリスニングCDまでも取り込んで再生することができちゃいます

つまり、本屋でリスニングCD付きの本を買ってきて、それをアルコアプリに取り込めば、それだけで音声を再生することができるのです。

音声の再生速度を速める、遅くするも自由自在

英語のリスニングCDを聴いていて、

  • 「もうちょっと速いスピードで聴きたいな」
  • 「ちょ、速すぎて全然聴き取れない(笑)」

といった感じで、リスニングの再生スピードが自分の英語力と合わないという経験はありませんか?
アルコアプリはそんな英語学習者にうってつけです。

リスニングの速度は以下の速さに段階調整することができます。

  • 0.5倍速
  • 0.7倍速
  • 0.8倍速
  • 1.0倍速
  • 1.2倍速
  • 1.6倍速
  • 2.0倍速
  • 2.5倍速
  • 3.0倍速


リスニング用のスマホ再生アプリは他にもありますが、ここまで細かく調整できるのは数が少ないです。

また、再生速度を変えたときに起こりがちな音質の劣化も感じさせません

さすがに2倍速や3倍速だと音質の変化を感じますが、実際の学習ではここまで速い速度ほとんど使わないので問題ないと思います。

アルコアプリの便利な機能

ここではiOSデバイス(iPhone)で使う場合を例にとって、アルコの使い方を紹介します。

なおアプリのダウンロード方法はここでは割愛します。アプリストアで「アルコ」と検索すると出てくるはずです。

リスニングをするときに「これがあると助かる!」という、学習者にとってありがたい機能を以下にまとめてみました。

  • ・再生速度を変えられる(先述のとおり)
  • ・一定の秒数で巻き戻しができる
  • ・特定のフレーズだけ繰り返し再生ができる

一定の秒数で巻き戻しができる

リスニング学習は聴き取れない箇所を何度も聴く必要があります。

  • 「うわ、いまの単語なんて言ったんだろう」
  • 「リエゾンで単語がつながって聴こえた」

といった場面が出てくると思います。

そのときに便利なのが、一定の秒数で巻き戻しができる機能です。

2秒、4秒、8秒、16秒、30秒の好きな範囲で巻き戻しを設定することができます(早送りも可能)。
アルコは速度調整が自在
自分の学習スタイルに合わせて巻き戻し秒数を設定すれば、リスニング学習がかなり効率的になるはずです。

特定のフレーズだけ繰り返し再生ができる

英語の長文読解をしていると「全体の意味はとれたけど、この一節だけ聴き取れない」といったケースも出てきます。

あるいはこのフレーズがお気に入りだから、何度も再生して身につけたい!という場合もありますね。

こんなとき便利なのが、「聞きたいとこだけAB間リピート」です。

これは聴きたいところの再生地点(A)と終わり地点(B)を設定するだけで、その区間を繰り返し再生してくれる機能。

わざわざ自分で早送りや巻き戻しをする必要がないので、かなりの時短&効率化が図れるはずです。

アルコアプリの改善してほしいところ

良いことづくめのアルコですが、完璧とはいえない部分があります。

まず、書影をダウンロードできません。iTunesで書影(アートワーク)を設定してあっても、アルコに入れると反映されません。

アルコに登録している冊数が増えてくると、それぞれの本をビジュアルで判断したほうが使いやすいので、ここはちょっと惜しいポイントです。
アルコは書影が出ない
あと、アルク社以外の本はすべてiTunesに入ってる音楽からアルクにダウンロードするのですが、プレイリストを取り込む操作がわかりづらいのが欠点です。

慣れれば問題ないですが、最初は戸惑うと思います。

欠点はあるけど、リスニング再生アプリならアルコで決まり

アルコは改善の余地があるとはいえ、無料でここまでの機能を搭載しているのは圧巻と言わざるをえません。

わたしはほかのリスニング再生アプリを使ったことがありますが、AB間リピートができなかったり、速度を上げると明らかに音質が落ちたりするアプリに出くわしてきました。

そのたびにそっとアプリを削除してきたわけですが、アルコに出会ってからはこのアプリ一筋です。

「リスニング学習者が欲しがる機能」をあますことなく搭載しているアルコは、リスニング再生アプリの決定版といって良いと思います。

英語アプリ
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

読書コーディネーター。1988年、千葉県生まれ。年間200冊以上の本を読む、無類の読書好き。書店と出版社での仕事を経験後、読書コーディネーターとしてWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。

アユムをフォローする



読みたい本が見つかるWebマガジン コトビー