本屋大賞や「このミス」など、賞を総ナメにした推理小説『カササギ殺人事件』を読んだ感想

4.5
本屋大賞や「このミス」など、賞を総ナメにした推理小説『カササギ殺人事件』を読んだ感想おすすめの和書

『カササギ殺人事件』は本屋大賞や「このミス」の翻訳部門で1位を総ナメにした作品。

推理小説を読んで、ここまでワクワクしたのは久しぶりです。

本作は上下巻となっており、今回は上巻を読んだ感想を紹介していきます。

さて、推理小説に限らず、どんな作品であっても【伏線】というのは欠かせない要素です。

一番わかりやすいのが「自分の身に悲劇が起こることを、このときの彼は知る由もなかった…」みたいな伏線ですが、こういうのが来ると僕はすぐ作品に引き込まれてしまいます。

そんな伏線が、『カササギ殺人事件』ではこれでもかというほどに使われています。

まずは公式サイトからストーリーの概要を。

1955年7月、サマセット州にあるパイ屋敷の家政婦の葬儀が、しめやかに執りおこなわれた。鍵のかかった屋敷の階段の下で倒れていた彼女は、掃除機のコードに足を引っかけて転落したのか、あるいは……。その死は、小さな村の人間関係に少しずつひびを入れていく。燃やされた肖像画、屋敷への空巣、謎の訪問者、そして第二の無惨な死。病を得て、余命幾許もない名探偵アティカス・ピュントの推理は――。現代ミステリのトップ・ランナーによる、巨匠クリスティへの愛に満ちた完璧なるオマージュ・ミステリ!

推理小説の設定としてはよくあるものです。事故死したと思われる女性が、じつは何者かによって殺害されたのではないか?という疑いから始まり、誰が犯人なのかを探偵が突き止めるというお決まりパターンです。

しかし、繰り返し述べているように伏線が本当に凄い。

物語の序盤では「あ、こいつが犯人だな」という人物が1人出てきます。それで話が進むかと思いきや、登場する人物が次から次へと犯人っぽさをまとった伏線を見せつけてくるので「え、この人が犯人なの?」という心理状態になり、しまいには「全員が犯人でもおかしくない」という展開になっていきます。

つまり、登場人物一人ひとりに殺人を犯す動機があるので、読むほうとしては良い意味で混乱していきます。

「この作品、上手いな」と思うのは序盤で登場人物が善人に見えるところです。裏表のない良い人に見せて、じつは腹の底ではとんでもない憎悪を抱えている。そのギャップを見せられるので、読んでいるうちにゾクゾクしてきます。

文体はむずかしくないものの、舞台が1950年代のイギリスなのでとっつきにくい部分はあります。また、登場人物が多いうえに、長いカタカナの名前なので誰が誰なのかをちゃんと読み分ける必要があります(海外小説あるあるですが)。

しかし、それを補って余りあるほど面白い作品です。特に、伏線が好きな人にとっては最高の1冊になると思います。

大量の本を読んでるのに、書籍代が安いワケ

kindle umlimited

僕は年間100冊ほど本を読んでいますが、じつは本を買うのにかかるお金は非常に少ないです。月平均で、だいたい3,000円くらいでしょうか。

その理由は、本の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

書籍はもちろん、雑誌やコミックも洋書も読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

\ 30日間無料! /
おすすめの和書文芸書・エッセイ



読書の記録