make senseは「意味をなす」だけでなく「理にかなう」という訳し方で覚えるべき

英会話で、自分が話した内容が相手に通じているか確認するときに「Does it make sense?(意味わかる?)」という聞くことがあります。

make senseには「意味をなす」という語意があり、英会話でもけっこう役に立ちます。

たとえば、英語初心者の人が喋ったあと、相手に通じてているか確認するとき「Make sense?」と聞くことで、相手の理解度を確かめることが可能です。

多くの人は make sense を「意味をなす」という使い方で学ぶと思いますが、それ以外にも「理にかなう」という意味(訳し方)で使うこともできます。

「意味をなす」と「理にかなう」という2つの意味は、ほとんど同じような意味と考えることもできるでしょう。

しかし、make sense は英会話だけでなく英語の長文にも使われることがあります。

そのときに「意味をなす」という訳し方だけでは、文意を正しく取れないことがあるのです。

どんな英単語や熟語にもいえることですが、複数の意味を持つ言葉については、文脈にあった訳し方をすることが求められます。

make senseのように、頻繁に使われる熟語は、なおさら覚えておくようにしたいですね。

【驚異のコスパ】僕が「レッスン受け放題」のオンライン英会話を選ぶ理由

ネイティブキャンプ

僕はこれまで10社以上の英会話スクールを受講してきました。

その中でも特に気に入っているのがネイティブキャンプというオンライン英会話です。

その理由は、英会話のレッスンが受け放題だから。

レッスン回数無制限で、1日何コマ受けても料金は同じという、驚きのオンライン英会話です。

料金が安いにも関わらず、教材が豊富であらゆるレベルの人に対応しています。

さらに、講師の質が非常に良いので、安心してレッスンを楽しめるのもネイティブキャンプの魅力です。

今なら7日間無料でレッスンを受けることができます。無料期間終了日までに退会処理すれば料金は一切かかりません。

まずはぜひ、気軽にレッスンを試してみてください。本当におすすめです。

【7日間無料】
ネイティブキャンプを試してみる

英文法・英語フレーズ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 映像編集者
本と英語のブログ「コトビー」(月間10万PV)を運営。書店員および出版社での仕事を経験後、独立しました。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。本と本屋が好きです。

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / 本と英語のブログ