make senseは「意味をなす」だけでなく「理にかなう」という訳し方で覚えるべき

英会話で、自分が話した内容が相手に通じているか確認するときに「Does it make sense?(意味わかる?)」という聞くことがあります。

make senseには「意味をなす」という語意があり、英会話でもけっこう役に立ちます。

たとえば、英語初心者の人が喋ったあと、相手に通じてているか確認するとき「Make sense?」と聞くことで、相手の理解度を確かめることが可能です。

多くの人は make sense を「意味をなす」という使い方で学ぶと思いますが、それ以外にも「理にかなう」という意味(訳し方)で使うこともできます。

「意味をなす」と「理にかなう」という2つの意味は、ほとんど同じような意味と考えることもできるでしょう。

しかし、make sense は英会話だけでなく英語の長文にも使われることがあります。

そのときに「意味をなす」という訳し方だけでは、文意を正しく取れないことがあるのです。

どんな英単語や熟語にもいえることですが、複数の意味を持つ言葉については、文脈にあった訳し方をすることが求められます。

make senseのように、頻繁に使われる熟語は、なおさら覚えておくようにしたいですね。

英会話表現
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

「読みたい本が見つかる」をコンセプトに、洋書・和書問わず読んだ本の感想を発信中。出版社や書店員としての勤務経験をもとに、読書についての話題を豊富に扱っています。いまは英語の勉強を頑張る日々です。株式会社ミシェルベース代表取締役。本のWebマガジン「コトビー」代表。

アユムをフォローする



いま読むべき本がわかるWebマガジン コトビー