丸善ジュンク堂書店で「Pontaポイント」と「dポイント」が利用可能に

2018年4月16日からhontoポイントで知られている丸善ジュンク堂書店で、「Pontaポイント」と「dポイント」が使えるようになりました。

お客さんを呼び込むために、最近は本屋でも共通ポイントを導入する流れが広まっていますね。

いままでのhontoポイントはどうなってしまうのか?どの本屋が対象なのか?くわしくご紹介します。




hontoポイントとPontaポイント・dポイントの二重取りが可能に

丸善ジュンク堂書店ではこれまでhontoポイントのみでしたが、Pontaポイント・dポイントに対応することになりました。

これにより、hontoポイントとPontaポイント・dポイントの二重取りが可能になります。

Ponta、dポイントともに非常に多くのお店が加盟しているポイントサービスですから、丸善ジュンク堂書店の加盟は本好きにとって嬉しいところです。

ポイントの貯め方・使い方は以下のとおりです。

弊社店舗で販売する書籍、雑誌、洋書、文具のいずれの購入でもポイントがたまります。両ポイントは一度のお買い物で購入金額200円(税抜)で1ポイントがたまります。また、一度の購入で使えるポイントは1種類で、1ポイント=1円としてつかうことができます。(丸善ジュンク堂書店公式サイトより)

カードを二枚出す必要なし。最初に提示すればあとは自動で紐付けられる

ポイントが二重取りできるとはいっても、毎回レジでカードを二枚出すのは面倒ですよね。

わたしも当初、それを懸念していました。しかし、今回Pontaポイント・dポイントを導入するにあたって、”紐付けサービス”が実現しました。

hontoカードとPontaカードまたはdポイントカードを紐付けると、一度の購入で「hontoポイント」と「Pontaポイント」、または「hontoポイント」と「dポイント」の両方に、購入金額200円(税抜)で1ポイントを同時にためることが可能です。紐付け方法は、hontoカードと、紐付けるポイントカードの2枚を店頭のレジで同時に読み込ませるだけ。一度紐付ければ、その後はどちらか1枚のカード提示のみでも2種類のポイントがたまります。(丸善ジュンク堂書店公式サイトより)

文教堂はPontaポイント・dポイント未対応

現在のところ、東京、千葉、埼玉、神奈川、茨城の「丸善」「ジュンク堂」両書店のうち26店舗に先行導入するのみです。

その後、日本全国の全85店舗への導入が進む流れとなっています。hontoポイントといえば、「丸善」「ジュンク堂」だけでなく、文教堂でも利用できます。有力な書店ですが、いまの段階では文教堂でPontaポイント・dポイントは使えません。

文教堂といえば、日本有数の店舗数を持つ書店チェーンです。本格的な普及のためにも、文教堂への導入も期待したいところですね。

「Pontaポイント」「dポイント」サービス導入予定店舗(2018年4月16日現在)

【東京都】
丸善 丸の内本店 / ジュンク堂書店 池袋本店 / 丸善 日本橋店 / MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店 / 丸善 お茶の水店 / 丸善 有明ワンザ店 / 丸善 多摩センター店 / 丸善 メトロ・エム後楽園店 / 丸善 池袋店 / 丸善 アトレ大森店 / ジュンク堂書店 大泉学園店 / ジュンク堂書店 立川髙島屋店 / ジュンク堂書店 プレスセンター店 / ジュンク堂書店 吉祥寺店 / 丸善 アトレ吉祥寺店

【神奈川県】
丸善 ラゾーナ川崎店 / 丸善 横浜みなとみらい店 / ジュンク堂書店 藤沢店

【千葉県】
丸善 津田沼店 / 丸善 舞浜イクスピアリ店 / ジュンク堂書店 南船橋店 / ジュンク堂書店 柏モディ店

【埼玉県】
丸善 桶川店 / ジュンク堂書店 大宮髙島屋店 / 丸善 プレス・アミ ワカバウォーク店

【茨城県】
丸善 水戸京成店