英会話で極限まで緊張しちゃう人は「ネイティブキャンプ」が良いかも【おすすめの理由】

5.0
ネットネイティブキャンプ(NativeCamp)

こんにちは、アユムです。

つい10分ほど前まで、約半年ぶりに外国人(フィリピンの人)とオンライン英会話をしてました。

なぜ1年半もの期間が空いたのかというと、英会話が始まる前の極限の緊張に心臓が耐えきれず、いつまで経っても恐くてレッスンが受けられなかったからです。

もっとわかりやすくいえば、「失敗するのが恐い」というよくある理由です。

でも、今日はほとんど緊張することもなく、あっさり25分間の英会話レッスンを終えることができました。

なぜか?それはネイティブキャンプというオンライン英会話を使ったからです。

オンライン英会話にありがちな「緊張と不安でなかなかレッスンに踏み出せない」という人に、ネイティブキャンプをおすすめする理由を解説します。

ネイティブキャンプ

レッスンの30分前から始まる「激しい動悸」と「息切れ」

まずは入門書で知識を貯める

「激しい動悸」というのはちょっと大げさなんですが、オンライン英会話が始まる時間の30分前くらいから、僕は極度の緊張と不安で押しつぶされそうになります。

ここまでヒドくはないにしても、大なり小なり、オンライン英会話前の緊張を経験したことがある人は多いと思います。

なにを隠そう、僕はこの緊張がイヤでずっとオンライン英会話から逃げていたわけです。

たまに「今日こそはやるぞ!」と思い立っても、レッスン予約ボタンを押す直前になると「いや、もうちょっと瞬間英作文で力をつけてからにするか…」という精神状態になってしまう。

よくありがちな「もっと上達してから英会話レッスンを受けよう」という口実です。ずっとこんなんを繰り返していました。

それで、なにが原因なんだろう?なにがそこまで緊張を生み出しているんだろう?と考えてみたんですね。

出た答えが「レッスン時間が決まっていること」でした。僕がこれまでずっと使っていたDMM英会話は、レッスンを30分刻みで予約する仕組みになっています。

つまり、レッスン開始時間がきっちり決まっていると、その時間を意識しすぎてしまい、30分前、ひどいときは1時間前からソワソワし始めてしまうのです。

僕の場合、たとえば昼の12時からレッスンを予約したとすると、10時くらいから「あと2時間後には外国人と会話してるのか…」というソワソワが始まり、仕事が手につかなくなります。

そうなんです、レッスンの開始時間がきっちり決まっていることが、僕をオンライン英会話から遠ざけていたのです。

だったら、「レッスン開始時間が決まってない=思い立ったときにすぐレッスンが受けられる」、そんなオンライン英会話を選べばいいんじゃないか?

そういった経緯で、ネイティブキャンプを選んだというわけです。説明長すぎですね。

ネイティブキャンプは「今すぐ」or「予約」が選べる

eikaiwaの時間

ネイティブキャンプをはじめ、一部のオンライン英会話は時間をきっちり設けてません。

1回あたり25分のレッスンというのは決まっていますが、レッスン開始時間というのは厳密に決まってないんですね。

だから、「あ、今のモチベーションなら外国人とも対等に英語で会話できそうだ」という最強の心理状態のときに、すかさずレッスンを入れてしまえばいいわけです。

僕が今日、1年半ぶりにレッスンを受けられたのはまさにソレで、思い立ったときにすぐ予約を入れて、わずか30秒後にはレッスンがスタートしてました。

レッスンまでに時間の余裕があると、アレコレと余計な心配をして不安と緊張を増幅してしまう人は多いと思います。

だったらいっそ、そんな余計な時間を排除してしまえば良いというわけです。

ちなみに、ネイティブキャンプは「いますぐ」もできますし、「時間予約」でレッスンを取ることもできます。

なので、「仕事が忙しくてこの時間しかレッスンが取れない」という人は、時間を指定してレッスンを予約することもできるわけです。

ネイティブキャンプ

「英会話をやらない理由を考える時間」を断ってしまえばいい

英文記事に対するアレルギーが減った

情けない話ですが、僕は気分にかなりムラがあって、「英会話をバリバリやってやるぞ」という気になるときもあれば「英会話はなんてやらなくても生きていけるよ」と否定的になるときさえあります。

要するに、モチベーションが上がらないときは「英会話をやらない理由」をさがして、なんとかその苦難から逃れようとするわけです。

こんなことをやっていては、当然英会話なんて身につきません。

だから、そもそも「英会話をやらない理由」を考える時間をカットしてしまえばいい。考えるまでもなく、やってしまっている。そういう環境が理想ということです。

もちろんネイティブキャンプといえど、実際に英会話が始まるまでにはパソコンやスマホを立ち上げて、スタート画面まで開く手間はあります。

とはいえ、パソコンやスマホさえ開いてしまえば、わずか数ステップで外国人講師と英会話をスタートさせることができます。これは本当にすごいことですよね。

ちゃんと時間を測ったことはないですが、本気を出せばおそらく、無の状態から30秒くらいでレッスンを開始できると思います。

このスピード感は、緊張しいの人や、ついついオンライン英会話から逃げてしまう僕のような人にはピッタリではないでしょうか。

まずは一番かんたんな教材からスタートすべし

もう一つ、僕がレッスンを終えて良い気分になれている理由は「教材」にあります。

ネイティブキャンプの教材を使ってみて感じたのは「よくできているな」ということです。

教材数が豊富なのはもちろんなんだけど、初心者が最初につまずきやすいポイントをしっかり押さえているんですよね。

具体的には、たとえばオンライン英会話にありがちな以下のような表現を学ぶところからスタートすることができます(教材は好きなものを選べます)。

  • Could you speak more slowly?
  • もっとゆっくり話してもらえますか?
  • What’s the answer?
  • 答えはなんですか?
  • Let me think about it.
  • 考えさせてください。

ある程度の英語力がある人でも、英会話自体が初めてだと簡単なフレーズすら口をついて出てこないものです。

なので、オンライン英会話で使う頻度が高いこういったフレーズを最初のうちに重点的に学んでおくことで、体を早めに慣れさせることができます。

レッスン講師の良し悪しはある

語学のリスニング

いますぐレッスンだと、いま空いている講師しか選べないので自分の好きな人を積極的に選ぶことができません。

そういった意味で、ネイティブキャンプで講師の質を一定に保つのはむずかしく感じるかも知れません(追加でポイントを使えば予約もできます)。

僕はこれまでDMM英会話を中心に取り組んで来ましたが、どんな英会話レッスンでも、講師の当たり外れはあるというのが感想です。

ネイティブキャンプでも生徒からの評価に応じて、講師が五つ星による評価が付けられています。じつは、この評価がどんなに高い講師でも、自分とは合わないこともあるわけです。

なので、このあたりは数をこなして自分に合う講師を見つけていくしかないと思います。

ちなみに、僕が講師を選ぶときのポイントは「笑顔が多い人」「発音が聞き取りやすい人」です。

ネイティブキャンプでは、講師が喋っている動画を確認できるので、僕は予約を入れるまえに視聴するようにしています。

レッスン中、ずっとにこやかな先生のほうがコチラもメンタル的に楽しくやれるので、僕は笑顔が多い先生というのを最重視している感じです。

まずは無料体験で肩慣らしをしてみよう

ネイティブキャンプは、7日間の無料体験レッスンが誰でもスグに受けられます(スマホもOK)。

最初は緊張すると思いますが、はじめてしまえばどうってことないんですよね。

僕もいつもそんな感じで、レッスン開始前はめちゃくちゃ緊張するんだけど、レッスンが終わった頃にはめっちゃ楽しくて「もう一回すぐレッスンを受けたい」と感じるほどです。

ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ(NativeCamp)
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 映像編集者
本と英語のブログ「コトビー」(月間10万PV)を運営。書店員および出版社での仕事を経験後、独立しました。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。本と本屋が好きです。

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / 本と英語のブログ