本を売るならどこがいい?超カンタン&高い値段で本を売却する方法

取次の必要性ブックサプライ

こんにちは、アユムです。

本を読むのは最高のひとときですが、読めば読むほど積み重なるのが本の山です。

本が溜まっていくと場所もとりますし、引っ越しや掃除も大変なんですよね。

不要な本が増えてきたら、処分するのではなく「本を売る」のが絶対におすすめ。

なぜなら、非常に簡単で、なおかつ高い値段で売却することができるからです。

本を売るならどこがいいのか?手っ取り早く、なおかつ簡単でお得に本を手放す方法を解説します。

最初に結論をお伝えすると、僕は買取王子というネット買取を使っています。結局ここが1番良い。

買取王子で本の買取額を調べてみる

【結論】簡単に本を売るならネットの宅配買取が1番

買取王子はで本を売る!こんな人におすすめ

あらためて結論をお伝えすると、1番簡単に本を売るのであれば、ネットの宅配買取がおすすめです。

ネットの宅配買取は、ダンボールに詰めた不要な本を送るだけで買取が完了します(ダンボール無料で送料も無料)。

「古本屋に持ち込んで売る」という従来の売り方と比べると、以下のようなメリットがあります。

  • ・重い本をお店までわざわざ運ばなくて済む
  • ・査定で待たされることがない
  • ・売る本を店員さんに見られて気まずい思いをしない
  • ・ブックオフのように一律の安い買取額ではない(買取額が高い)

ネットの宅配買取は、スマホから簡単に申し込むことができます。

そのため、思い立ったときにスグ申し込みができますから、引越し前や大そうじなどのタイミングでも自宅にいながら本を手放すことが可能です。

正直、僕はネットの宅配買取で本を売るようにしてから、本を買うペースが早まりました。なぜなら、本が溜まっても簡単に手放せますし、買取額も高いからです(売ったお金でまた本が買える喜び)。

本を売るならどこがいいのか?→ 買取王子 or ブックサプライ

 買取王子ブックサプライ
買取品目ブランド品
ホーム・キッチン家電
カメラ
スマホ・パソコン
オーディオ楽器
切手・金券
ミュージックDVD・ブルーレイ
ゲーム
ファッション
時計・アクセサリー
宝石・貴金属
ホビー・おもちゃ
お酒
カー・バイク用品
アウトドア・スポーツ用品
音楽CD
映像DVD
書籍
ゲーム本体・ソフト
携帯電話
金・プラチナ
無料ダンボール最大2箱最大10箱
(繁忙期は制限あり)
お試し査定
商品バーコードを入力
配送料無料買取金額2,000円以上で無料
集荷の日時指定
集荷業者佐川急便佐川急便
代金の受け取り方法・銀行振込(手数料無料)
・Amazonギフト券
・買取王子ポイント
・楽天Edy
銀行振込(手数料無料)
銀行振込の日数目安商品到着から1週間程度査定から振込まで2営業日以内
輸送保険30万円まで
本人確認書類必要
(初回のみ商品に同梱)
必要
(初回のみ商品に同梱)

買取王子で本の買取額を調べてみる

ブックサプライはコチラ

ネットの宅配買取は便利なんですが、どこの業者を選ぶかがめちゃくちゃ重要です。

なぜなら、業者によってサービスも違うし、なにより買取額に大きな差があるからです。

結論からいうと、以下の2社を選んでおけば失敗はありません(実際、僕はこの2社で本を売りまくってます)。

この2社に共通しているのは、「買取額が高い」「ダンボールが無料でもらえる」「返品が無料」ということです。

買取額の高さについては、じつは過去に同じ冊数の本を買取王子とブックオフに査定してもらったことがあります。

およそ100冊の本でしたが、ブックオフは3000円だったものが、買取王子では7000円で売ることができました(ブックオフは査定だけしてもらって返してもらった)。

もちろんどの本を売るかによって差はありますが、買取王子のほうが高く売れることがハッキリわかりました。

それにブックオフだとお店に本を運ばなきゃいけませんが、買取王子なら自宅でダンボールに詰めるだけですからね。圧倒的に簡単です。

買取王子で本の買取額を調べてみる

本を売るなら断然ネット買取!なかでも「買取王子」を超おすすめする理由
本を売るときはネット買取が簡単で、しかも高く売れるのでおすすめです。ネット買取のなかでも「買取王子」が断然おすすめ。ダンボール無料、送料無料、返送料無料と無料づくし。本を売るなら買取王子が良いですよ。

本を高く売るために準備すべき3つのポイント

本を高く売る

さて、結論を先にお伝えしたところで、本を高く売るために準備しておきたいポイントについてご紹介します。

どこに売るかはもちろん重要ですが、高く売るためにやっておくべきことが他にあります。

それは以下の3点です。

  • ① 本のページ折れは直しておく
  • ② 消せる書き込みは消す
  • ③ ダンボール詰めはスキマがないようにする

① 本のページ折れは直しておく

こういう読み方をする人は少数派かもしれませんが、僕は本を読みながら気になったページにはガシガシ折り目を付けるタイプです。

この読み方はふせんもいらないし、あとで読み返すときにラクなので気に入っています。なにより記憶への定着率がアップするんですよね。

一方で、厄介なのが本を売るときです。ページが折れている本は、当然ながら査定ダウンの対象になってしまいます(本の査定額は状態によってA、B、Cなどランク分けされることが多い)。

もし折り目がついた本を売るのであれば、ダンボールに詰めるまえに折り目をもとに戻すことをおすすめします。完全に折れている本よりは、査定時の評価に違いが出る可能性大です。

面倒でも、本を高く売るためには折り目を戻しておきましょう。

② 消せる書き込みは消す

僕は本を折りながら読むし、青ペンで書き込みながら読書をします。これも記憶への定着率アップと、振り返るときの探しやすさを考えてのことです。

ただ、書き込みがある本は折り目と同様に査定額のダウンを意味します。

ですから、もし売る本に書き込みがあって、それが消しゴムなどで消せるのであれば事前に消しておくことをおすすめします。

そういった本が100冊とか200冊ある場合はさすがに全部消すのは厳しいかもしれませんが…。

本を売るなら断然ネットがおすすめ!高く売れる宅配買取業者を完全比較
本を売るなら高く売れるネット買取がおすすめです。古本屋への持ち込みよりも、ネット書店の買取ほうが断然高く売れます。宅配サービスもあるのでとってもラクですよ。しかも無料でダンボールがもらえて、キャンセルも無料です。

ネット宅配以外ならどこがいい?【おすすめはメルカリ】

メルカリで本をバーコード出品

バーコードで読み取ると文章が自動で挿入される

本を売るのはネットでまとめて売るのがおすすめです。ただ、1冊ずつの単価はどうしても安くなってしまうのがデメリットでもあります。

多少手間がかかってもいいから、1冊ずつを高単価で高く売りたい!という人はメルカリを使いましょう。

メルカリでは本の売買も活発に行われていて、ベストセラー本からマニアックな希少本まで品数が非常に豊富です。

僕も本屋で期待して買った新刊がつまらなかったりすると、メルカリに出品することが多々あります。

メルカリは「バーコード出品」というものがあり、本のバーコードをスキャンするだけで簡単に出品が完了します。

僕がメルカルで売るときは1冊ずつ出品しているのですが、まとめて売るよりも単価が高くなるので手元に入るお金も多くなるからおすすめ。

たしかに1冊ずつ出品するのは面倒なので、「この本は高く売りれそう(高く売りたい)」という1冊があるのであれば、ネットでダンボールに詰めて売るよりも高く売れます。

ブックオフなど店舗に本を持ち込むのはおすすめできない

店舗に本を持ち込むのはNG

本を売るならブックオフ、というのをそのまま実行するのはおすすめできません。これはブックオフに限らず、実店舗の古本買取は避けるべきということです。

なぜか?それはさきほども説明したとおり「高く売れない」「持ち込むのが大変」だからです。

お店にわざわざ行って高く売れればいいのですが、労力をかけたわりにはたいした金額にならずガッカリすることがほとんどです(僕も以前はそんな失敗ばかりでした)。

やはり1番良いのは、自宅にいながら本を売ることができるネット買取だと思います。

買取額も良いし、なにより手間が圧倒的に少ない。これだけのメリットがあるので、僕はほぼすべての本をネット買取で売るようにしています。

ちなみに、ネット買取なら買取王子がおすすめです。ダンボールも無料でもらえるし、買取額も高いので満足度は高いと思います。

買取王子で本の買取額を調べてみる

買取王子で本を売ったら高く売れたので凄くおすすめしたい【口コミ&評判】
買取王子で本を売ってみたので感想と口コミをご紹介します。ダンボール無料、キャンセル無料と良いことづくめで、本も高く売れました。買取王子のメリットと残念なところ(デメリット)を正直にレビューします。
ブックサプライ 本を売る・処分する 買取王子
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 映像編集者
千葉県生まれ。書店と出版社での仕事を経験後、読書ブログ「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。毎日、英語の勉強してます。くわしいプロフィールはコチラ

Ayumu Yuasaをフォローする



読書ブログ / コトビー