意外と知らない「海の知識」が面白いほどわかる1冊 “Oceans” Oxford Bookworms レベル2

4.0
Graded Readers(GR・レベル別の洋書)

こんにちは、あゆむです。

海というのは僕たち生物にとって不可欠な存在なのですが、海の知識って意外と知らないことだらけなんですよね。

たとえば「なんで干潮と満潮って起こるの?」とか「そもそも、なぜ海と陸は分かれているの?」とか。知らない人は多いと思います。

このあたりの疑問にわかりやすく答えてくれるのが、本日の1冊 “Oceans”(Oxford Bookworms レベル2)です。くわしくレビューしていきます。

 なぜ海と陸は分かれているのか?

まず最初の疑問は「海と陸」についてです。

僕たちは当たり前のように陸で生活し、海を眺めていますが、冷静に考えたら陸と海が分かれているのって謎ですよね。

海と陸が分かれている理由は、岩の種類にあります。つまり、地殻がどの種類の岩なのかによって、海と陸が分けられるということです。

In fact, the land of our continents is made of a different rock from the land under our oceans.

このあたりは専門用語も出てくるし、細かい説明なので理解するのが少しむずかしく感じるかもしれません。

かんたんに説明しておくと、地殻をつくる岩には「玄武岩(basalt)」と「花崗岩(granite)」の2種類があります。

海の地殻は玄武岩(basalt)です。玄武岩(basalt)のほうが花崗岩(granite)よりも重く、沈みやすいという特性があります。

つまり、海と陸では地殻をつくる岩の種類がちがうということなんですね。玄武岩(basalt)のほうが重いから、海になったというわけです。

実際の英文ではこんな感じで書かれています。mantle(マントル)、crust(地殻)という用語が少しむずかしいですが、それ以外はわかりやすいかなと思います。

But basalt is heavier than granite, so the basalt crust sinks more deeply into the mantle than the granite crust. That is why our continents are higher than our oceans.

なぜ満潮と干潮があるのか?

海には潮が引くときと、潮が満ちるときがあります。引き潮(Low tide)と満ち潮(High tide)というやつです。

僕はこの本を読んで、今さらながら引き潮と満ち潮の仕組みを知りました。

結論からいうと、干潮と満潮があるのは、月の引力によるものです。

月が地球上の海水を引っ張ることで、引っ張られたエリアは満潮になり、そうでないエリアは干潮になります。

As the Moon moves around the Earth, it pulls the oceans with it. This is called gravity. The Moon’s gravity makes two waves – one on the side of the Earth nearest to it, and one on the side furthest from it. Because the Earth is turning to the east, the waves travel to the west. These two waves are the two high tides that move up our beaches each day.

ちょっとこれだけだとイメージしづらいと思いますが、学研のサイトに良いイラストがありました。

満潮と干潮

地球は回っていますから、月の引力の影響を受ける場所は常に変わっています。そして、左図を見てもらうとわかるとおり、干潮と満潮のエリアはそれぞれ2箇所です。

また、月だけでなく太陽の引力も影響していて、月と太陽の引力がちょうど重なるときには「大潮」となり、そのエリアは水位が通常よりも増えることになります(右図)。

と、本書とは関係のない図を使っての説明になってしまいましたが、潮の干満について知ることができたのは、個人的にうれしい出会いでした。

ちなみに、場所によって月の引力による影響度は大きく異なります。たとえば、カナダにあるファンディ湾では、1日に16メートルも水位が変わるようです。

In the Bay of Fundy, for example, in the east of Canada, the sea is sometimes sixteen metres higher at high tide than it is at low tide on the same day.

it などの代名詞を読み取る力が必要

この本は Oxford Bookworms レベル2ですので、洋書レベルとしてはそこまで高くありません。

ちなみに、レベルは以下のように分かれています。

Oxford Bookwormsの英単語レベル 
Stage 6単語数 2,500英検1級
Stage 5単語数 1,800
英検準1級
Stage 4単語数 1,400英検準1級
Stage 3単語数 1,000英検2級
Stage 2単語数 700英検準2級
Stage 1単語数 400英検3〜5級
Starter単語数 250

ただ、実際に読んでみると、以下のポイントで苦戦しました。

  • ・専門的な英単語
  • ・代名詞( it や them )が多い

海について解説する本なので、むずかしい英単語は仕方ないと思います。僕は語彙力UPのつもりで調べつつ読みました(Kindleの辞書機能を活用)。

そして、もう一つ苦戦したのが代名詞です。すでに気づいている人もいるかもしれませんが、さきほど引用した文は it のオンパレードでした。

もう一度引用します。「月の引力によって潮の満ち引きが起こる」という内容の英文です。

As the Moon moves around the Earth, it pulls the oceans with it. This is called gravity. The Moon’s gravity makes two waves – one on the side of the Earth nearest to it, and one on the side furthest from it. Because the Earth is turning to the east, the waves travel to the west.

同じ名詞を繰り返さないように it を使っているわけですが、洋書入門者にとって it や them などの代名詞はクセ者です。

最初のうちは「この it はどれを指しているんだろう?」と返り読みが必要になってきます。

慣れてくればスラスラと読めるようになるので、これも洋書トレーニングの一環として読んでいくしかないでしょう。

こんな感じで、英文については読みにくさを感じる部分もあります。個人的には、レベル2にしてはむずかしいかな?と感じました。

とはいえ、内容については読み応え十分なので、海について興味がある人や一般常識として教養を身につけたい人にはおすすめの1冊です。

大量の本を読んでるのに、書籍代が安いワケ

kindle umlimited

僕は年間100冊ほど本を読んでいますが、じつは本を買うのにかかるお金は非常に少ないです。月平均で、だいたい3,000円くらいでしょうか。

その理由は、本の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

書籍はもちろん、雑誌やコミックも洋書も読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

【30日間無料】
Kindle Unlimitedを試す ▶
 

Graded Readers(GR・レベル別の洋書)Oxford Bookworms
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
あゆむ

読書&英語学習ブログ【Readgram / リードグラム】を運営。銀行 → 書店員 → 出版社 → フリーランス。2017年、法人化。本のレビューや読み方・選び方、英語勉強法について発信しています。和書だけでなく洋書にも挑戦中。おかげさまで、当ブログは累計読者数が400万人を突破しました。

あゆむをフォローする



Readgram / リードグラム