正直しんどいけど効果抜群!私が英語音読を強くオススメする3つの理由

正直しんどいけど効果抜群!私が英語音読を強くオススメする3つの理由 英語勉強法

英語を身につけるための王道は「音読」です。

音読をすることでどんな効果が得られるのか?わたしの実体験をもとに解説します。

音読は英語習得に欠かせない道

音読をすることで身につく能力はたくさんあります。

  • ・リーディング力
  • ・リスニング力
  • ・発音の強化
  • ・語彙力の増強

ここでは音読によって特に伸びる能力をあげましたが、実際には英語に関するあらゆる能力が伸びると私は思っています。

ですから、英語の音読は英語の総合力を伸ばすための学習といえるでしょう。もちろん、英会話にも良い効果があります。

【リーディング力】英語を読む力は音読で養われる

音読は英語を読んで声に発する練習ですから、当然リーディング力が身につきます。

黙読とちがって声に出して読むため、返り読みしにくいのも大きなメリットです(返り読みとは、戻って読み返すこと)。

返り読みは英語の読解にも悪影響ですし、リスニングの聞き取りにも良くありません。語順通りに英語を理解する力を身につける必要があります。

意味が取れない英文の返り読みがクセになっている人にとって、音読は英語レベルのアップに大きく貢献するでしょう。

【リスニング力】発音できる音は聴き取れる

音読は自分の声を自分自身で聞くことになるため、リスニングにも効果があります。

ネイティブの音声を聴くことも大切ですが、自分の声でどうやって発音しているかを聞き取ることも英語学習には大きな意味があります。

また、「自分が発音できない音は聴き取れない」というのが英語学習では常識となっています。

音読によって発音できる音が広がると、リスニングも意味が取れるようになってくるはずです。

【発音】音読で自然な発音を身につける

発音が上手くできないと悩む人はたくさんいます。

さきほど自分が発音できない音は聴き取れないと言いましたが、意味を取る上でも発音は大切です。

また、ネイティブだけでなく非ネイティブにもにわる英語を目指すのであれば、できるだけ正確な発音で英語を学んだほうが絶対に良いです。

リスニングの音を聴くだけでなく、実際に声に出して音読をして発音を鍛えましょう。

【語彙力の増強】音読で大量の英単語にふれることができる

音読をすると当然知らない英単語にも出会います。

英語力のアップには語彙力(ボキャブラリー)の増加が欠かせませんが、音読なら圧倒的な量の英単語が体のなかを通っていくので効率的です。

語彙力アップと言うと英単語帳などを使うことが多いですが、音読で語彙力を鍛えると文脈のなかで単語を覚えることができるため、単語の定着度が断然高くなります。

そのため、わたしは英単語を身につけたい人も”文単”を使うなどして、音読をおすすめしています。

【英検対策】文単がおすすめ!『文で覚える単熟語』の使い方&学習法
英検の単語対策には『文で覚える単熟語』(文単)がおすすめです。ただし、文単は正しい使い方で勉強しないと効果が得られません。英単語を効率的に暗記する文単の使い方をわかりやすく解説します。

正直、音読はシンドい。挫折しないための工夫は必要

わたしはTOEIC400点レベルからスタートし、音読学習だけで700点レベルまでアップしました。

その経験があるので、英語の音読は絶対に効果があると断言できます。

しかし、正直なところ音読は体力を使うのでけっこうしんどい学習法です。わたしも挫折しながら、ダラダラとやっていた時期がありました。

音読がいやになって他の英語勉強法に浮気をするも、結局音読に戻ってくる。こんな感じでずっと音読を続けてきました。

ですから、音読学習には挫折しないための工夫が必要ですし、なによりも音読をやっていれば英語力は伸びるんだ!という自信を持つことは意外と大切です。

【挫折しない英語学習】英語学習を午前中に片付けてしまうと1日気持ちよく仕事ができる
英語学習に挫折しちゃう人は、仕事が始まるまえに英語学習のスケジュールを組んでしまいましょう。始業前に英語学習をやってしまえば挫折しにくく、なおかつ1日を気分良く過ごすこともできます。ストレス知らずの英語学習をスタートさせましょう。

わたしがおすすめする、英語音読に挫折しないための工夫

実際に音読をはじめる人も、すでにやっている人も、挫折をさけるためのアイデアは知っておいたほうが良いと思います。

わたしが音読学習をとおして実感した挫折を避ける工夫は3つあります。

  • ①自分が興味のある(おもしろい)本や教材を使う
  • ②反復回数を決めてしまう
  • ③最初はスモールスタート。1日1分から取り組む(やがて習慣化)

①自分が興味のある(おもしろい)本や教材を使う

挫折を避けるために、わたしが1番大切にしているのが教材(本)選びです。

ずばり言うと、自分が面白いと思える教材を選んでください。少しでも「これ続くかな?」と思う本を買ってはいけません。

なぜかというと、英語の音読は基本的に同じページを反復する(何度も繰り返す)ので、内容がつまらないと相当苦痛だからです。

私が挫折した音読教材は、有名どころだと『音読パッケージ』があります。

音読学習のためにつくられた本で使いやすいのは良いのですが、いかんせん内容がつまらない。

厳密にいえば、特に意味のない会話文がずっと続くので、教養として得られるものが何もありません。

単純に音読の学習効果を得るためだけなら良い本なのですが、すぐに飽きてしまって私は挫折しました。

こういうことがあるので、音読するなら面白いと思える本を選びましょう。

②反復回数を決めてしまう

音読学習は一回読んで終わりではありません。同じページを何度も繰り返し読みます。

具体的な勉強方法は「【文で覚える単熟語】私のおすすめ英検勉強法と単語帳の使い方」で解説していますが、回数を決めて数える方法がおすすめです。

  • ・英文と日本語訳と突き合わせる 1回
  • ・英文の黙読 3回
  • ・英文の音読 3回
  • ・シャドーイング 3回

読んだ回数を本やノートに「正の字」で書き足していきます。

回数を数えることでダラダラ学習を続けることがなくなりますし、達成感も得られるので挫折を未然に防ぐことができます。

「さあ、今日も決めた回数だけ読むぞ」という心持ちで読むことが大切です。

【挫折回避】英語学習は「勉強する」時間ではなく「使う」時間と考えるのが効果的
私はこれまで、英語学習に挫折した経験が何度もあります。英語学習や勉強方法がわからない人や、挫折を回避したい人におすすめの考え方をご紹介。おすすめの英語学習本もピックアップしました。

③最初はスモールスタート。1日1分から取り組む(やがて習慣化)

英語学習は継続することに意味があります。英語力は筋肉と一緒で、鍛えて身につくまで繰り返す必要があります。

つまり、気が向いた日だけ音読をするような学習方法だと、永遠に英語力は身につきません。

そのため、英語の音読は毎日続けましょう。

ただし、最初は小さいステップのスタートにしてください。いきなり初日から3時間とかやってしまうと、次の日からイヤになります。

何事もそうですが、習慣づけるためには毎日の小さな達成感を得ることが大切と言われています。

音読も一緒で、まずは1日1分だけ音読をしてみましょう。1週間続いたら、次は1日5分に量を増やしていきます。

これを繰り返していき、最終的には1日3時間は音読学習に時間を使えるのがベストです。

当然最初からは無理ですので、まずはコツコツ小さな一歩から音読をスタートさせましょう。

ちなみに、音読の学習習慣を身につけるためにわたしはこの本を読みました。かなりオススメです。

英語を聞き流すだけでは何も身につかない

英語の音読は、少し前に流行った「聞き流すだけでOK」系の教材とは真逆をいくものです。

英語の音読はたしかにしんどいですし、挫折する人も少なくありません。

しかし、わたしは結局のところ音読をコツコツ続けることが、英語力を最短で身につける方法だと思っています。

まずは最初の一歩を小さく、1日1分から。なによりもまず、音読をやってみることが大切です。

英語勉強法
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

読書コーディネーター。1988年、千葉県生まれ。年間200冊以上の本を読む、無類の読書好き。書店と出版社での仕事を経験後、読書コーディネーターとしてWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。

アユムをフォローする



読みたい本が見つかるWebマガジン コトビー