out of one’s way の意味と例文・使い方【「遠回り」「わざわざ〜する」】

out of one's way の意味と例文・使い方【「遠回り」「わざわざ〜する」】英文法・英語フレーズ

こんにちは、アユム [ @kot_book ] です。

out of one’s way という熟語には「遠回りして」という意味があります。

念のため説明しておくと、one’s には my、your、theirなどの所有格の代名詞が入ります。

これを基本形として覚えておくと、いろいろな英語表現の理解に役立つはず。

たとえば、go out of one’s way〜 は「わざわざ〜する」という意味です。

「遠回りしてまでわざわざ行く」というニュアンスから、「わざわざ〜する」という意味になるわけですね。

実際にどんな使いかたをするのか、例文で見てみましょう。

  • He went out of his way to drive my home.
  • 彼はわざわざ家まで車で送ってくれた。
  • I went out of my way to agree with her opinion.
  • 無理をして彼女の意見に合わせた。

ちなみに、英検準1級の過去問でも out of one’s way を使った文章が出題されています。

Because there would be tolls on all of Manhattan’s bridges, it would also discourage people from driving far out of their way to use currently free bridges to the business district.

マンハッタンの橋すべてに通行料がかかることになるので、車で遠回りして現在無料の橋を経由して商業地区に行く気にもならなくなるだろう。

【平成30年 第1回筆記試験より】

前後の文章は省略しているのでちょっと意味が取りづらいとは思いますが、「車で遠回りをする」という表現をするために out of their way が使われていることがわかります。

way を「道」という意味で覚えている人は多いと思います。

ただ、way には「方法」「やり方」という意味もあり、こっちの意味で使われることも多いです。

さらにいうと way には「はるかに」「遠くに」という副詞としての意味もあるので、混乱しやすい。

今回紹介した out of one’s wayのように、イディオムとして覚えられるものはしっかり暗記して、文章読解の負担を減らしていきたいところです。

【驚異のコスパ】僕が「レッスン受け放題」のオンライン英会話を選ぶ理由

ネイティブキャンプ

僕はこれまで10社以上の英会話スクールを受講してきました。

その中でも特に気に入っているのがネイティブキャンプというオンライン英会話です。

その理由は、英会話のレッスンが受け放題だから。

レッスン回数無制限で、1日何コマ受けても料金は同じという、驚きのオンライン英会話です。

料金が安いにも関わらず、教材が豊富であらゆるレベルの人に対応しています。

さらに、講師の質が非常に良いので、安心してレッスンを楽しめるのもネイティブキャンプの魅力です。

今なら7日間無料でレッスンを受けることができます。無料期間終了日までに退会処理すれば料金は一切かかりません。

まずはぜひ、気軽にレッスンを試してみてください。本当におすすめです。

【7日間無料】
ネイティブキャンプを試してみる

英文法・英語フレーズ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 映像編集者
読書&英語学習に関するブログです。読書、本の読み方、おすすめの本、英語学習、洋書について記事を書いています。
書店員および出版社での仕事を経験後、独立。2013年に読書ブログ「コトビー」を開始しました(月間約10万PV)。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。本と本屋が好きです。

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB