旅行で飛行機に乗って電子書籍の素晴らしさを痛感した話

旅行先と飛行機で便利な電子書籍書籍

こんにちは、あゆむです。

紙に取って代わると言われば、かなり普及してきた印象のある電子書籍ですが、わたしのまわりではまだ持っている人は少数派です。

おそらく、紙の本で事足りると考えている人はまだまだ多いのも現状だと思います。

わたしは以前からAmazonのKindleを持っていましたが、正直なところあまり使っていませんでした。なぜなら、紙の本で十分だったから。

しかし、あることがキッカケとなって、わたしは電子書籍端末の素晴らしさを実感することになります。

ごく当たり前で恐縮ですが、電子書籍端末は旅行先で大活躍します。特に飛行機に乗っているとき、非常に重宝します。

まず原則として、空の上では携帯電話などを使うことができません。ですから、他の方法を使って時間をつぶすしかなくなります。

真っ先に思い浮かぶのは読書です。しかしどうでしょう。紙の本を機内の持ち込むのは、重い。ましてや、何冊も持ち込むのはむずかしい。

さらに残念なことに、長いフライトでは同じ本を読み続けるのはキツかったりします。飽きてしまったらおしまいです。

そこで登場するのが、電子書籍端末です。

わたしが持っているKindleは、1台に約1000冊の本を読むことができます。ですから、飛行機のなかで読みたい本をじっくり読むことができます。

また、飽きてしまってもすぐ他の本を開くことができるのも大きなメリットです。

軽さもKindleの魅力です。文庫本とほとんど変わらない重さなので、飛行機はもちろん旅行先での移動時にも邪魔になることはありません。宿泊先で読むにもvery goodです。

電波については、3G回線とWi-Fiのいずれかの端末がありますが、飛行機内では機内モードになります。じゃあ、データを読み込めないのでは?

このあたりは心配無用です。なぜなら、Kindle本体にデータをダウンロードしておけば、機内モードでもサクサク読めるからです(ということは、ダウンロードしていないと機内では絶望的です)。

旅行に行くことが多い人、特に飛行機に乗る機会が多い人は電子書籍端末を1台持っておいて損はないと思います。

あるいはiPadなどのタブレット端末があれば、読書も地図もガイドブックも使えるので便利ですよ。

【意外と知らないKindle活用術】読書効率が劇的に上がる6つの使いこなしワザ
僕はKindleを使い始めてから5年以上経ちますが、毎日のように使っていると「こんな使い方もあるんだ」という発見が多くあります。「Kindleを使いこなそう!」と銘打って、意外と知らないKindleの活用術をご紹介します。

大量の本を読んでるのに、書籍代が安いワケ

kindle umlimited

僕は年間100冊ほど本を読んでいますが、じつは本を買うのにかかるお金は非常に少ないです。月平均で、だいたい3,000円くらいでしょうか。

その理由は、本の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

書籍はもちろん、雑誌やコミックも洋書も読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

【30日間無料】
Kindle Unlimitedを試す ▶
 

書籍 電子書籍
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
あゆむ

読書ブロガー。 銀行 → 書店員 → 出版社の仕事を経験後、フリーランスに。2017年、法人化。おすすめの本、読書術、英語学習について発信しています。ビジネス書を読むことが多いです。英会話と洋書多読も継続中。おかげさまで、当ブログ「コトビー」は累計読者数が400万人を突破しました。

あゆむをフォローする



コトビー / KOTB