【トライズ英会話2日目】リスニングとスピーキング自習。スキマ時間の活用

今日の学習時間【リスニング2時間】【スピーキング1時間】
電車の移動時間を中心にリスニングとスピーキングを行った。スキマ時間というか、移動時間を使うと意外と苦にならずにできるかも。
テキストを見ずに音だけで取り組むと感覚がちがうというか、特に瞬間英作文はむずかしく感じた。
もう少しテキストを見ないで英作文をする時間を増やしたほうがいいかもしれない。
リスニングは余裕があったので、究極のリスニング(レベル2)チャプター13(P64)まで進めた。
ただ、チャプター10あたりから、英語にクセというか訛りみたいなのが出てきて、リエゾンが増えたのでむずかしい。何度聞き取ってもなかなか言えないこともあるから頑張ろう。
あと、昨日コンサルタントの人に

howやwhatなどで始まる文章のイントネーションをかなり指摘されて、萎縮してしまった。もちろん大切なことなんだろうけど、間違っているかもとビビりながら英会話するのはキツイ。

とメールしたら返信が来た。
「最初のレッスンでイントネーションの指摘をされるのは、レベルが高い証拠。普通は文法のことを指摘されます。だから自信を持ってください」と励ましてもらえた。
さすがにケアが上手というか、凹んでた気持ちを一気に修復してくれた。

トライズ(TORAIZ)
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

1988年、千葉県生まれ。書店と出版社を経て、ライターとして活動中。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。

【読みたい本が見つかる】をコンセプトに、洋書・和書のおすすめ本をご紹介。「読書が大好きで、洋書も気になるし、英語も身につけたい」。そんな欲張りな人(自分含め)に向けて記事を書いています。

アユムをフォローする



読みたい本が見つかるWebマガジン コトビー