オンライン英会話とはじめてのプログレスチェック【トライズ英会話5日目】

今日の学習時間【リスニング1時間30分】【スピーキング2時間30分】【その他25分】
ネイティブ先生とオンラインレッスン。前回は「次回も自己紹介」ということで終わったのだけど、今日は「なにか聞きたいトピックはある?」という出だしで焦った。何も用意してなかったけど、先生の経歴について教えてもらうことができた。
前半はほとんど先生が話していたけど、途中で「what items?」などの質問を挟むことができたのは少し進歩。でも、まだ相手が話している内容を推測することが多い。「おそらくこういうことだろう」という感じ。先生が冗談を言ったタイミングで一緒に笑えたら楽しいだろうなー。いろんな相槌も打ちたい。
頭の中で明らかに文法や時制が誤っているのが自分でわかっていながら話すのはキツイけど、それでもなんとか通じるから今はそれで良しとするしかない。とりあえず、単語の羅列だけにはならないように、主語は意識して英文を組み立てることができたと思う。
プログラミング言語のpythonやrubyなどについて先生も知っていたので、少しITについて話すことができて嬉しい。来週はこれらのことについて説明をして、自分の開発しているアプリについても説明をする予定。いきなり専門分野な気もするけど、なるべく平易な文章を作りながら質問と説明をできるようにしたい。
今日は2週間に1回のコンサルタントとのプログレスチェック。今日がはじめてのプログレスチェックだった。
コンサルタントの人に、これまでの勉強やネイティブ講師とのレッスンについて話をした。
悩んでいることや、文法や英語表現でわからないことなど、なんでも質問できるので、とても助かる。
「あー、コンサルタントの人がいるとこんなにモチベーションになるのか」と強く実感した。
やっぱり、英語を独学で続けてると、挫折したり、嫌になったりする。でも、その気持をコンサルタントの人に打ち明けることができるのは本当に心強い。
トライズの強みが、まさにこれなんだなーと思う。
きっと、どのコンサルタントの人も素敵なんだろうけど、自分の担当になってくれた人は本当に頼りになる。一緒にいて楽しいし、元気がもらえる。
こればかりはコンサルタントとの相性だからなんともいえないけど、わたしは本当に良い人にコンサルタントになってもらえたと思う。
一応、コンサルタントやネイティブ講師との相性が悪かったら変更はできるみたいだけど、実際それってかなり気まずいし、むずかしいだろうなと思う。
さて、今日のプログレスチェックは緊張して噛むこともあったけど、おおむね上手くできた。コンサルタントさんがめっちゃ褒めてくれるから、テンション上がります。
スピーキングはもっと反応速度を上げて、英語が口から瞬時に出てくるようにしたい。
「文章を組み立てるとき、何を主語にすればいいか悩む」とコンサルタントに伝えると、

主語がわからないときは、とりあえず「I」で始めてしまいましょう。言いよどむよりも、まずは「I」と言ってしまえば、なんとかなります

というアドバイスが。たしかに、Iではじめてしまえば、意外となんとかなるかも。

トライズ(TORAIZ)
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

ライター。書店と出版社での仕事を経験後、本と英語のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。現在の目標は1日1冊、洋書を読むこと。1988年、千葉県生まれ。読書量は年間200冊ほど。

アユムをフォローする



本と英語のWebマガジン コトビー