ネイティブとオンライン英会話。相づちばかりでツラかった【トライズ英会話8日目】

先生とのレッスンでは、いま作っているWebアプリについて話をした。事前にまとめたつもりだったけど、なかなか口から出てこない。
そのつもりはなかったけど、ビジネス・プレゼンテーションのような流れに沿って先生は進めてくれた。
Webアプリの話をしたあと、先生がこんな表現をして組み立てようというお手本をたくさん紹介してくれた。次回はそのテンプレートをもとに文章を作成して、再度Webアプリについてプレゼンテーションする予定。
レッスン中、ほとんど先生が喋っていて、全然喋ることができなかった。非常に残念。先生の話を受けて、それについて意見や感想を言えるようになりたい。
先生の話す内容は、最初のほうはうっすら聞き取れるんだけど、長い文章が続くので集中力が続かず、途中から何を言っているのかまったく理解できなくなる。たぶん、例示などが含まれているからだろうか。結局、最後の結論のあたりでなんとなく言っていることを理解できるようになる程度。相づちの連続でツラかった。
唯一評価するとすれば、相手の質問がわからなくて「I didn’t understand what you said」と一回言えたことくらい。
そこから、先生が丁寧に教えてくれたけど、質問は「what do you want the audience to do next?」プレゼン後にお客さんにどんなアクションを起こしてほしいか?という内容だった、と思う。
リスニングと英作文の弱さを痛感したけど、自分のどこを強化すべきかわからない。
今日コンサルさんに送ったフレーズ。
I had a workout yesterday, so my abdominal muscles are sore.

トライズ(TORAIZ)
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

ライター。書店と出版社での仕事を経験後、本と英語のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。現在の目標は1日1冊、洋書を読むこと。1988年、千葉県生まれ。読書量は年間200冊ほど。

アユムをフォローする



本と英語のWebマガジン コトビー