ネイティブ講師のスピードが早くて聞き取れず落胆【トライズ英会話12日目】

0時間30分:リスニング
1時間0分:スピーキング
0時間25分:レッスン
0時間30分:予習、その他
合計2時間25分
先生とオンラインレッスン。
まずは自分の作ってるWebアプリについての説明をした。そのあと、ニューヨークの本屋さんにインタビューをするための準備。まずはなぜ自分がニューヨークの本屋に行きたいのか、その目的について考えた。
レッスンは最初に自分が話した内容をもとに、先生がより正しい文章に作り直してくれるスタイルで進む。もっと瞬間的に英語のやりとりをする双方向的な会話もしたいと思った。
レッスンの最初で、could you repeat that?などを紹介してくれたので、わからないときに聞きかえすことができた。ただ、やっぱり先生の話すスピードが早いので、結局何度も聞きかえすことになってしまった。
先生が長く話したあと、ただ話を終えただけなのか、こっちに質問をしているのか聞き取れないことが多く、詰まってしまうことがあった。what や whenという単語が聞こえると、身構える自分がいる。
先生の英語はリエゾンが多い印象で合間にyou knowなどを挟んでくる。比較的ナチュラルなスピードで話しているのだと思う。このスピードに付いていきたい。
最初のころに比べると、集中力は続いているし、頭が真っ白になることもほとんどなくなった。
今日から風呂でもリスニングをすることにした。防水のBluetoothイヤホンで、シャワーを浴びながらでも聴ける。
1日3時間の勉強時間を確保するためには、これくらいやらないと厳しい。
今日のフレーズ
I’m going to have a BBQ with my friends, so I don’t want it rain this weekend.

トライズ(TORAIZ)
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

1988年、千葉県生まれ。書店と出版社を経て、ライターとして活動中。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。

【読みたい本が見つかる】をコンセプトに、洋書・和書のおすすめ本をご紹介。「読書が大好きで、洋書も気になるし、英語も身につけたい」。そんな欲張りな人(自分含め)に向けて記事を書いています。

アユムをフォローする



読みたい本が見つかるWebマガジン コトビー