SCM銘柄とは?

SCM銘柄(えすしーえむめいがら)」とは、日本出版販売株式会社(日販)が「責任販売制」を実施するために選定する書籍のこと。
SCM銘柄に選定された本は書店・取次・出版社が手を組んで販売の伸長を図ることになる。

◎書店はSCM銘柄を積極的に販売する責任を負うが、SCM銘柄に指定された本を注文すると、注文した冊数(満数)をほぼ確実に仕入れることができる。

◎出版社は取次の倉庫や書店に対しての注文に満数で出荷をする責任を負うが、SCM銘柄に選定された本の返品を減らすことができる。

◎取次(日販)は自社の倉庫にSCM銘柄を一定数、潤沢な在庫を常にストックしておく必要があるが、返品を減らすことができる。

SCM銘柄に選定されるためには、日販のランキングで上位を一定期間キープする必要があり、売れ行きが良いことが前提となる。


出版・書店用語 出版取次用語 本の用語
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Ayumu Yuasa

ライター / 映像編集者
書店と出版社での仕事を経験後、本と英語のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。1988年、千葉県生まれ。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB