超使いやすい!スマホの英語辞書はウィズダム英和・和英辞典アプリがおすすめ

超使いやすい!スマホの英語辞書はウィズダム英和・和英辞典アプリがおすすめ 英語アプリ

英語学習をしていると、確実に知らない単語が出てきます。

そのときなるべくサッと単語の意味を調べたいですよね。

今日は英単語辞書のスマホアプリ「ウィズダム」をご紹介します。

面倒が勝つと、英単語は覚えられない

英語を読んでいてわからない単語が出てきたとき、正直言って調べるのは面倒です。

分厚い辞書を引っ張り出すのは面倒なので絶対やりませんし、ネット検索で単語を調べるのもけっこう手間がかかりますよね。

いざ知らない英単語に出くわしても「調べるの面倒だからとりあえず放置で」という対応をしたことがある人は多いと思います。

これを続けていては、当然英単語力は伸びませんし、読める&聞ける&話せる英語も限られてしまいます。

英語力を伸ばすためにも、英単語を気軽にストレスなく調べられる辞書が絶対に欠かせません。

こういった状況を解決する方法として、スマホアプリの英語辞書はとても便利なのです。

英語の辞書をスマホアプリで使うメリット

  • ・調べるのが圧倒的にラク
  • ・紙の辞書より安い
  • ・検索履歴が残せる
  • ・発音も聞ける

調べるのが圧倒的にラク

さきほど説明したとおり、アプリの辞書を使えば調べるのがラクになります。

ネット検索をすると、自分が欲しい情報を取捨選択しなければいけず、そのぶん時間の無駄が生まれます。

アプリなら調べたい単語の意味に直接たどりつけるので、無駄がありません。

紙の辞書より安い

スマホアプリと紙の辞書を比べると、価格の差は一目瞭然です。

今回おすすめしているウィズダムの価格差は以下のとおり。

  • 紙版(第3版) ¥3,672
  • スマホアプリ ¥2,900

800円弱、スマホアプリのほうが安く購入できます。

人によっては「実物がないアプリにしては高いのでは?」と思われるでしょうが、内容の質は同じですし、なにより使い勝手を考えるとアプリに軍配が上がります。

分厚い辞書を買って使わずに本棚に眠らせるよりも、スマホで毎日気軽に使えたほうが得られるメリットは大きいでしょう。

検索履歴が残せる

あとで使い方はくわしく紹介しますが、ウィズダムのスマホアプリは自分が調べた英単語の履歴を残すことができます。

ですから、自分がどんな英単語がわかっていないのか振り返ることができるわけです。

知らない単語は一回調べただけでは覚えられませんから、検索履歴を使って繰り返し反復するといった単語学習も可能になりますね。

発音も聞ける

ウィズダムのスマホアプリは、英単語の発音を再生することができます。

ネイティブの正確な音声が聞けるので、リスニングにも効果があるでしょう。

発音記号がわからない人や読むのが面倒な人でも、気軽に発音を知ることができるメリットは大きいと思います。

ウィズダム英和辞書アプリの使い方

ウィズダムアプリのアイコンと価格
このアプリは無料での試用ができないので、使うためには実際に購入しなければいけません。

価格が安ければ思い切って買ってみてもいいのですが、約3,000円はちょっと躊躇する値段…。

ということで、これから買おうか迷っている人に、実際にアプリの画面を示しながら使い方を紹介したいと思います。

まずはウィズダムアプリの特長をおおまかに見ておきましょう。

これだけだとよくわからない部分もあると思うので、このあと1つずつくわしく解説します。

  • ・単語ごとに見出、成句、用例をタブで切り替え可能
  • ・検索画面に単語を入れると、候補が表示される
  • ・各単語の音声を聞ける
  • ・解説文に書かれている英単語タッチすると、その単語にリンクする
  • ・お気に入りの単語リストを作れる(ブックマーク)
  • ・検索履歴が見られる

単語ごとに見出、成句、用例をタブで切り替え可能

ウィズダムの用例と例文
アプリを立ち上げて、調べたい単語を入力します。

キーボードの上に「見出」「成句」「用例」というボタンがありますね(赤枠)。

これをタップすることで、その単語の意味、成句(いわゆる熟語)、用例(その単語を使った例文)を簡単に切り替えできます。

わたしが特に好んで使うのは用例です。
ウィズダムの用例と例文
単語の意味がわかっても、その単語がどんな文脈で使われるのかまで知っておかないと、実際に使うことができないからです。

用例を読めば「こういう場面で使う英単語なんだな」というイメージを描くことができます。

検索画面に単語を入れると、候補が表示される

いまやネット検索でも当たりまえになった検索候補が、ウィズダムのアプリでも表示されます。

ここでは「social」という単語を入力していますが、その下にズラッと検索候補が並びます。

一見するとなんてことない機能なんですが、入力する手間を省けるので、ストレスを感じにくい設計になっていることがわかります。

各単語の発音音声を聞ける

英単語の発音が聞ける
各単語の見出を表示すると、青いボタンの再生マークが表示されます。

これをタップすると、ネイティブの音声がスピーカーから流れてきます。

発音再生はすべての英単語に対応しているわけではありませんが、主要な英単語はカバーしているので不足は感じません。

解説文に書かれている英単語タッチすると、その単語にリンクする



ウィズダムは、英単語同士がリンクしているので、画面に表示されている単語をタッチすれば、その英単語に飛ぶことができます。

ウィキペディアを使ったことがある人は、イメージしやすいかもしれませんね。

たとえばsocialという単語の見出のなかにある、a threat to social order という熟語の「threat」をタッチしてみます。

すると画面が切り替わって、今度はthreatの見出を見ることができます。

この機能のおかげで、わからない単語を次々と見ることができるので、非常に効率よく学習できます。

お気に入りの単語リストを作れる(ブックマーク)

ウィズダムのブックマーク
自分が重点的に学習したい単語や、なかなか覚えられない単語はお気に入りリストに追加すると良いでしょう。

単語の見出画面右上にある、しおりのマークをタッチすると簡単にブックマークを登録できます。

ブックマークはメイン画面の下部にあるバーから簡単にアクセス可能です。

検索履歴が見られる

ウィズダムの検索履歴
自分が過去に調べた英単語は、いわば「自分のウィークポイント(弱点)」でもあります。

検索した履歴を活用すれば、反復学習にも使えるので、弱点を重点的に学ぶことも可能です。

思いついたら気軽に調べられるので、語彙力が増えた

思いついたら気軽に調べられるので、語彙力が増えた
わたしはこのウィズダムアプリを使いはじめてから、明らかに語彙力が上がったと実感しています。

語彙力が強化されると、目に見えて効果を感じることができるので、モチベーションにもつながります。

これを使っちゃうと、もう紙の辞書には絶対に戻れなくなりますね。。

英語力を上げたい人には、ウィズダムの英語アプリを断然おすすめします。

英語アプリ
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

読書コーディネーター。1988年、千葉県生まれ。年間200冊以上の本を読む、無類の読書好き。書店と出版社での仕事を経験後、読書コーディネーターとしてWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。

アユムをフォローする



読みたい本が見つかるWebマガジン コトビー