いろんな英語教材に浮気するけど、結局は瞬間英作文が最高っていう話

時間と集中力おすすめ英語教材・本

英会話のトライズをやめてからしばらく経ちました。

退会後、2週間くらいは同じペースで学習を続けてこれたのですが、時間が経つにつれて例のアレがやってきました。

「この学習方法で本当に合ってるのか?これ、やる意味ある?」

英語学習あるあるだと思いますが、1人で学習を続けていると定期的に不安になる時期がやってくるわけです。

この教材でいいんだろうか?もっと他に良い教材があるのでは?

そんな不安に駆られては本屋に行き、「今度こそ!」といって新しい本を買ってしまう。

でも結局、それも続かないからまた不安になる。そんな症状に悩まされて、なかなか英語が話せない人は多いと思います。

わたしもその1人ですが、そもそも本屋に行くことが大好きなので、ふらっと英語本のコーナーに行ってしまうわけですよ。

それで、先日こんな本を買ってしまいました。

前から洋書を読みたいと思っていて、そもそも英会話よりもネットの情報収集とかで英語を読む機会って多いじゃないですか。

だから、英会話のトライズ流でやってきたリスニングとスピーキングを差し置いて、「今日から洋書まっしぐらや!」てな感じで、この本を買ったわけです。

結論からいうと、かなり残念な本でした。くわしくは書きませんが、本のなかに出てくる翻訳がヒドすぎてスグ本をとじました。

「あーあ、また失敗しちゃったよ…」と意気消沈するわけですが、冷静になって分析してみるとやっぱり瞬間英作文の良さに気付かされるわけです。

これって、英語をつくる能力が養われるから英会話はもちろん、英語ライティングにもつながる本なんですよね。

長いこと続けてると、その単調さに飽きちゃって、すぐに他の本に浮気したくなってしまうんですよ。。

でも、やっぱり瞬間英作文って負荷がかかってるのを実感できるし、やってて実力が身につくのも肌で感じます。

瞬間英作文だけじゃリスニングは到底できないから別の教材が必要だけど、英会話と英語ライティングだったら、まずは瞬間英作文1冊をゴリゴリに繰り返し何周もやるのが、結局のところ英語学習の最適解なんだと思います。

とかいいつつ、英語の本さがすの楽しいからAmazon見ちゃうんですけどね。

大量の本を読んでるのに、書籍代が安いワケ

kindle umlimited

僕は年間200冊ほど本を読んでいますが、じつは本を買うのにかかるお金は非常に少ないです。毎月3,000円くらいでしょうか。

その理由は、本の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

書籍はもちろん、雑誌やコミックも洋書も読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

【30日間無料】
Kindle Unlimitedを試してみる ▶
 

【驚異のコスパ】僕が「レッスン受け放題」のオンライン英会話を選ぶ理由

ネイティブキャンプ

僕はこれまで10社以上の英会話スクールを受講してきました。

その中でも特に気に入っているのがネイティブキャンプというオンライン英会話です。

その理由は、英会話のレッスンが受け放題だから。

レッスン回数無制限で、1日何コマ受けても料金は同じという、驚きのオンライン英会話です。

料金が安いにも関わらず、教材が豊富であらゆるレベルの人に対応しています。

さらに、講師の質が非常に良いので、安心してレッスンを楽しめるのもネイティブキャンプの魅力です。

今なら7日間無料でレッスンを受けることができます。無料期間終了日までに退会処理すれば料金は一切かかりません。

まずはぜひ、気軽にレッスンを試してみてください。本当におすすめです。

【7日間無料】
ネイティブキャンプを試してみる

おすすめ英語教材・本 英作文・ライティング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 映像編集者
千葉県生まれ。書店と出版社での仕事を経験後、読書ブログ「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。毎日、英語の勉強してます。くわしいプロフィールはコチラ

Ayumu Yuasaをフォローする



読書ブログ / コトビー