小説

出版社の知識

なぜ悪い?ゴーストライターが本を書く理由と問題点

「ゴーストライター」という名前を耳にして、おそらく大半の人は良い印象を抱かないと思います。 それもそのはず、やってることは本人の代わりに本やシナリオを書くことだからです。 とはいえ、世間的にはゴーストライターの存在は一種の”迷信”のように扱われていたります。 ゴーストライターってよく聞くけど本当にいるの?という疑問は多くの人の口の端にのぼるくらいです。 今回は出版業界のゴーストライ...
本の知識・雑学

イギリスとフランスにおける書店と出版の歴史とは?

 
本の知識・雑学

本の歴史をわかりやすく読み解く【粘土板、パピルス、コデックス】

 
出版社の知識

意外と知らない「講談社と傘下の光文社の関係」とは?

出版業界において、圧倒的な地位を誇る講談社。 講談社の歴史は長く、設立は1938年。傘下には日刊現代、星海社、キングレコード、そして光文社があります。 講談社と光文社の関係性は深いつながりがあることは、意外と知られていません。 講談社と光文社はもともと1つの会社だった 戦前から出版活動を続けていた講談社でしたが、戦後になって戦時中の出版活動に対する批判の声が出てきました。 ごくわ...
本の知識・雑学

本屋大賞を批判する人が知らない5つのこと

本が売れない時代。 理由は色々ありますが、とにかく本が売れません。出版業界の売り上げは年々減っていく一方です。 そんな出版業界において1つ、発表されるとメディアがこぞって取り上げる文学賞があります。 それが「本屋大賞」です。 本屋大賞は、いまやベストセラーを生み出す最強の文学賞と言っても過言ではありません。 中には本屋大賞に批判的な意見も存在します。 そんな本屋大賞についてアツ...
出版社の知識

なぜ潰れる?出版社の「ベストセラー倒産」が起こる理由

こんにちは、アユムです。 出版業界が不況と言われてずいぶん経ちました。 書店が次々と閉店に追い込まれる状況が続き、その不況の波は出版社にも押し寄せています。 一方で出版不況と言われる中でも、出版業界には「ベストセラー」と呼ばれる本が必ず登場します。 「ベストセラーがあれば出版社は安泰安泰!」 本が売れている状況ではそう考えてしまうのが人間の習性というもの。 しか...
雑誌の知識

【なぜ「an・an」なのか?】雑誌名の由来と発行部数の推移を合わせて解説

女性誌「an・an(アンアン)」の由来は諸説ありますが、「じつは意外な人物が名付け親だった」というのが定説となっています。ananの由来と発行部数の推移をくわしく解説します。
本の知識・雑学

よくわかる!再販売価格維持制度(再販制度)のメリットと仕組み

出版物(書籍や雑誌)の「再販売価格維持制度」についてわかりやすく解説します。なぜ再販維持制度は必要なのか?そのメリットとデメリットをくわしく説明します。