小説

書籍

電子書籍を使い始めて5年以上。Kindleで本を読む6つのメリット

Kindleで電子書籍生活をスタートさせて5年以上が経ちました。僕がKindleを使った感想をレビューしつつ、Kindleで本を読むことのメリットとデメリットを解説したいと思います。 
本の選び方

最低限のお金で大量の本を読む3つのアイデア。本を買うお金がなくても最高の読書を味わう方法

必要最低限のお金があれば本を大量に読むことは可能です。お金がないけど読書がしたい!という人は、本を安く読む方法を活用してみてください。
書籍

僕が電子書籍で本を読む4つの理由。電子書籍のメリットとデメリットを本気で考えた

僕は電子書籍と紙の本を併用するタイプなんですが、どちらも長所と短所があります。というわけで今回は、電子書籍のメリットとデメリットをくわしく紹介したいと思います。
Audible

ぜひともAudibleで聴いて欲しい、おすすめの32冊

「耳で聴く読書」Audibleのおすすめタイトルをまとめてご紹介。1冊無料で読めるので、ぜひ試してみてください。
Graded Readers(GR・レベル別の洋書)

洋書を多読!”Love or Money?”のあらすじ&感想【Oxford Bookworms レベル1】

Oxford Bookwormsの"Love or Money?"を読みました。あらすじと感想をレビューいたします。ストーリーは、お手本のようなサスペンス的展開です。文法や単語も簡単で、読みやすい本だと思います。
おすすめ本・書評

これ以上わかりやすい世界史の本を他に知らない『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』

受験生はもちろん、世界史を学び直す社会人にオススメしたい本が『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』です。世界史の本としては珍しく「なぜその出来事が起きたのか?」という理由が非常にわかりやすく書かれています。
洋書の読み方

洋書でよく見かける Preface、Foreword、Acknowledgements、Author’s note の意味

洋書の前半・後半ページにあるPreface、Foreword、Acknowledgements、Author's note、Introduction、Table of Contentsなどの用語の意味を解説します。これを知っておくと「読み飛ばし」がしやすくなり、洋書の挫折率が下がるはずです。
洋書の読み方

英語で書かれた小説を読むのが難しい理由【海外文学を洋書で読むために】

海外文学を洋書で読みたいけど、挫折してしまった…。なぜ英語で書かれた小説は読むのが難しいのか?その理由と洋書を最後まで読み切るための解決策を考えてみました。
Graded Readers(GR・レベル別の洋書)

【洋書初心者におすすめ】GR (Graded Readers)で英語多読をする4つのメリット

英単語の数が制限されているGR(Graded Readers)の読み方と活用方法、さらにはおすすめの洋書をご紹介します。かれこれ20冊以上読んできましたが、辞書なしで英語が読める喜びは最高です。
おすすめ本・書評

【挫折なし】難しい文学や古典作品を最後のページまで読み通す技術

難読本や古典作品、海外小説などは読むのが難しく挫折しがち。でも、読み方のコツさえつかめば最後のページまで読破すること可能です。名著や古典作品を読み通すための方法を具体的に解説します。