電子書籍

おすすめの洋書

【読みやすい洋書】「リンカーン大統領の伝記」でアメリカの歴史を学べる1冊

こんにちは、あゆむです。 最近は洋書の伝記にハマっていまして、読みやすい本探しに明け暮れています。 今回紹介するのは、第16代アメリカ大統領・リンカーンの伝記本 "The Story of Abraham Lincoln" です。 洋書ではありますが、語彙も文法もやさしめで読みやすいかなと思いますので、くわしく紹介していきます。 ちなみに、この本はという読み放題サービスで読...
洋書の読み方

洋書は「薄い本」に限る!挫折なしでスラスラ洋書を読むための6ステップ

洋書初心者が挫折なく最後まで読むためには「薄い本」を選ぶことが大切です。とにかく最初のうちは「最後まで読み切れた」という自信を重視して本を選ぶようにしましょう。
読書術

Kindleのコピー&ペースト機能が超便利!読書ノートに抜き書きをかんたんに取る方法

こんにちは、あゆむです。 Kindleにはコピー&ペースト機能が付いているので、好きな箇所をコピーして読書ノートなどに抜き書きすることができます。 他にも、コピペした文章を集めてPDF化することもできる(別途アプリが必要)ので、自分だけの読書メモを作ることも可能です。 というわけで今回は、Kindleのコピー&ペースト機能の使い方についてくわしく解説します。 Kindleで気に...
読書術

本と読書ノートを同時に開く!iPadの「スプリットビュー」で2画面表示させる方法

iPadのメモアプリを使って読書ノートを書く方法についてくわしく解説。iPad で読書メモを取るようにすると、本を読むのが早くなります。
電子書籍・Kindle

「本を捨てたがる人」にこそ、Kindleでの読書をおすすめしたい【後悔なし】

こんにちは、あゆむです。 今日のテーマは、ごく一部の人にしか共感されないかもしれません。 対象となるのは「本の捨てグセ」がある人です。 そう聞いて「ドキッ」とした人は、ぜひこの記事を読みすすめてみてください。 きっと僕と同じような悩みがある人だと思いますし、少しはお役に立てる解決策をご提示できると思います。 電子書籍なら捨てずに済む 僕は休日になると喜々として部屋の片づ...
読書術

「電子書籍だと頭に入らない」はウソ。3つの読書方法で改善できる

こんにちは、あゆむです。 「電子書籍だと、読んだ内容が頭に入らない」と感じている人は多いと思います。 何を隠そう、以前の僕も電子書籍を読み始めたころは全然頭に入ってませんでした。 しかし、試行錯誤を重ねるうちに「もはや電子書籍のほうが頭に入る」というところまで来ました。 というわけで今回は、電子書籍の内容をしっかり頭に入れる読書法をくわしく解説します。 「電子書籍だと頭に...
電子書籍・Kindle

電子書籍を使い始めて5年以上。Kindleで本を読む6つのメリット

Kindleで電子書籍生活をスタートさせて5年以上が経ちました。僕がKindleを使った感想をレビューしつつ、Kindleで本を読むことのメリットとデメリットを解説したいと思います。 
電子書籍・Kindle

僕が電子書籍で本を読む4つの理由。電子書籍のメリットとデメリットを本気で考えた

僕は電子書籍と紙の本を併用するタイプなんですが、どちらも長所と短所があります。というわけで今回は、電子書籍のメリットとデメリットをくわしく紹介したいと思います。
読書術

Kindleなどの電子書籍に手書きメモを書き込む方法。使い勝手が良すぎて読書がはかどる

Kindleをはじめ、電子書籍に手書きメモを直接書き込めたら便利ですよね。スマホやタブレットの電子書籍にメモやイラストを書き込む方法を紹介します。手でもいけますが、スタイラスペンがあると便利です。
電子書籍・Kindle

「本を売らなければよかった」と後悔するなら、いっそKindleで買ったほうが良い

こんにちは、アユムです。 僕は断捨離が好きで、読み終わった本は基本的にスグに売ってしまいます。 手元に残しておきたい本は売らないのですが、かなり厳選して残しておくタイプなので、たまに「うわー、あれ売らなきゃ良かった…」という本が発生したりします。 結局また同じ本を買ったりすることもあるので、かなりもったいないですよね。 こういうときに「最初からKindleで買っておけば良か...