武田書店が倒産!事業停止で自己破産の申し立て

武田書店が倒産書店員

新文化によると、武田書店が事業停止を申請しました。

武田書店(資本金1000万円、和歌山・橋本市東家1-2-25、武田良祠代表)は6月16日、事業を停止し、事後処理を堀江佳史弁護士(TEL0736-39-7110)に一任。自己破産申請の準備に入った。

負債額は約3億5千万円。
武田書店は1875年に創業した老舗の書店です。学校や官庁に理科や音楽の実験器具および教材、什器などの販売も行っていました。

青空出版をはじめ、次々と倒産していく出版社や書店。
悲しいニュースが続きますが、これを現実として受け止めなければいけないと思います。

KADOKAWAとドワンゴの合併のような、戦略的な再編が今後は増えてくることでしょう。

書店員 本屋・書店
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
あゆむ

読書ブロガー。 銀行 → 書店員 → 出版社の仕事を経験後、フリーランスに。2017年、法人化。おすすめの本、読書術、英語学習について発信しています。ビジネス書を読むことが多いです。英会話と洋書多読も継続中。おかげさまで、当ブログ「コトビー」は累計読者数が400万人を突破しました。

あゆむをフォローする



コトビー / KOTB