こんな本だとは…。すべての仕事人に有益なドラッカーの名著『経営者の条件』【書評・レビュー】

4.0
タイトルに惑わされるな。すべての仕事人に有益なドラッカーの1冊『経営者の条件』【書評・レビュー】おすすめの和書

僕は社員0人の会社(いわゆる1人会社)の代表なので、ほとんどフリーランスと変わらない働き方をしています。

とはいえ、一応は経営者なので「経営判断」的なことは必要になってきます。

わかりやすくいえば「何をやるか」「どの仕事をするか」といったことですね。かっこよくいえば、「経営リソースをどこに割くか」という話です。

最近は「新しい仕事にも挑戦していきたい」という機運が高まってきたところだったので、経営判断(的なこと)をする場面が増えるかな?と思い、名著としても名高いドラッカー著『経営者の条件』を読んでみることにしました。

ということで、くわしくレビューしていきます。

仕事をするすべての人に有益な情報が詰まってる

最初に本の内容をズバリ言うならば、働くすべての人に有益な知識や行動論に溢れた1冊です。

ここでいう「働く人」というのは会社はもちろん、アルバイトなどすべてを含みます。つまり、経営者のみならず、上下関係(人間関係)が発生する状況に身を置くすべての人に教訓を与えてくれる本です。

本のコンセプト自体は「経営者が組織のなかでどのように行動し、成果を挙げていくか」というものです。しかし、経営者のみならず、上司と部下という関係性についても書かれているところに本書の懐の広さがあります。

たとえば、「部下が自分自身の仕事をしやすくするために、上司をどう扱うべきか?」ということにも言及しているので、いってみれば会社の新人社員にとっても有益なわけです。

「平社員でもアルバイトでも、経営者的な視点で仕事をするべきだ」というのはよく言われる話ですが、本書はまさにそれを体現した指南本といえます。

どんな人におすすめの本か?

  • ・経営者(大小問わず)
  • ・部下との関係に悩む上司
  • ・上司との関係に悩む部下
  • ・組織内で成果を挙げて昇進したい人
  • ・仕事に対してやる気が起きない人
  • ・アルバイトの仕事がつまらないと感じてる人

「やるべきこと」より「なされるべきこと」をやる

この本を読んで僕が最初に線を引いたのが【なされるべきこと、組織のことを考える】という箇所です。

第一に身につけるべき習慣は、なされるべきことを考えることである。何をしたいかではないことに留意してほしい。なされるべきことを考えることが成功の秘訣である。

細かい言い回しの違いなのですが、些末なことのようで、じつは非常に重要なポイントだと思います。

ここで言っているのは【「やるべきこと」ではなく「なされるべきこと」をやりなさい】ということです。

もっと噛み砕いていえば「自分がやりたいことではなく、客観的に見て必要だと思われることをやるべき」ということを意味します。

考えてみればごく当たり前の話ですが、会社の社長が自分のやりたいことばかりを優先していたら、会社は立ち行かなくなります。「自分が何をしたいか」ではなく「この会社に求められていることは何か?」という視点で経営判断をしなければいけません。

これは会社の経営者のみならず、個人で起業した人(あるいは、独立したい人)にとっても同じことがいえます。最近は「やりたいことを仕事にしよう」みたいな風潮がすごく強いですが、実際のところそれで成果を挙げて食っていける人はごくわずかです。

自分のやりたいことばかりを追い求めるのではなく「なされるべきこと」を考えて行動すれば、おのずと結果はついてきます。

「やるべきこと」と「なされるべきこと」。言葉は似ているようですが、じつは意味が大きく異なるわけです。

仕事の内容よりも”貢献”に注目すべき

成果をあげるには、自らの果たすべき貢献を考えなければならない。

肩書や地位がいかに高くとも、権限に焦点を合わせる者は自らが単に誰かの部下であることを告白しているにすぎない。これに対し、いかに若い新入りであろうと、貢献に焦点を合わせ成果に責任をもつ者は、最も厳格な意味においてトップマネジメントの一員である。

「どんな仕事をしていますか?」と聞かれて「営業課長をしています」と答えるのは、まさに権限に焦点を合わせている人に他なりません。

権限や地位ではなく「取引先が本当に必要とする商品を販売できるような営業活動をしています」と答えられるのが、”貢献”に着目した仕事といえます。

どんな仕事をするべきか?というのは、究極的には「この仕事は誰に貢献しているか?」を考えることに他ならないということです。

ごく当たり前の話ではありますが、日常の仕事に慣れてしまうと「誰の役に立つか?」という大局的な姿勢は失われがちです。ついつい目の前の数字や業績に目を奪われて、大事なお客さんや取引先のことを忘れてしまうパターンですね。

僕の例で恐縮ですが「この本は誰の役に立つか?どのように書評記事を書けば読者にわかりやすく伝わるか?」を考えることが、貢献に立脚した取り組みです。それを見失って、自分本位の独善的な書評記事を書いていれば、やがてアクセス数は0になり、誰も読んでくれなくなります。

貢献に焦点を合わせることなくしては、やがて自らをごまかし、組織を壊し、ともに働く人たちを欺くことになる。

”貢献”を忘れて仕事をすると「まあ、こんなもんでいいか」とか「量より質をとる」という行動に走るようになります。それが続くと仕事に対するやりがいがなくなり、まわりからの信用も失います。

あまりに当たり前すぎる「誰かに貢献するために仕事をすること」がいかに大事か。これは経営者のみならず、働くすべての人に共通する概念です。

フリーランスで働く人でも大いに役立つ

冒頭でも説明したとおり、僕は組織で働いているわけではないので、この本を読み始めてすぐに「あ、この本、失敗かも」と思いました。なぜなら、基本的には「経営者は組織の中で、どう立ち振舞い、成果をあげるべきか」ということが中心に書かれているからです。

こうした本書の基本的なコンセプトだけで見ると「フリーランスとして組織に属さず、1人で働く人間には響かない本」と思われるかもしれません。

僕も最初はそう思い、読むのをやめかけました。しかし、読み進めていくうちに、組織で働く人という枠組みでは収まることはなく、むしろ「働く人すべてに有益な本なんじゃないか?」と感じるに至ったわけです。

とはいえ、フリーランスとして1人で仕事をしている人が本書を読むと「この記述は自分には関係ないかな」と感じる箇所が多く感じるかもしれません。そういった意味では「自分の仕事に置き換えて考える」という読み方が要求される本であることは否定できません。

僕はどんな本でも”自分ごと”として置き換えて読むのが好きだったりするので、この本は有益な情報で溢れていました。

誰もが持つべき「経営者的な視点」

本のタイトルが『経営者の条件』なので、「会社のトップ(社長)以外は読む必要がない」と文字通り受け取ってしまう人も多いと思います。

ただ、実際には「仕事をするすべての人に共通する考え方」を学ぶことができるので、経営者のみならず係長や店長など、大小問わず組織を束ねる立場にある人にとって大いに役立つ内容になっています。もっといえば、初めて後輩を持つ立場になった社員でも読む価値があります。

働く人が経営者的な視点で仕事ができるようになれば、Win-Winの住みよい社会が構築されるんだろうな〜と夢想したりもします。アルバイトの人が”貢献”を意識するようになれば「どんな接客をすればお客さんに喜んでもらえるか」と考えて仕事をするようになりますからね。

という感じで、『経営者の条件』というタイトルに惑わされることなく、ぜひ色んな人に読んで欲しい1冊です。

大量の本を読んでるのに、書籍代が安いワケ

kindle umlimited

僕は年間100冊ほど本を読んでいますが、じつは本を買うのにかかるお金は非常に少ないです。月平均で、だいたい3,000円くらいでしょうか。

その理由は、本の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

書籍はもちろん、雑誌やコミックも洋書も読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

\ 30日間無料! /
おすすめの和書ビジネス書



読書の記録