洋書を多読!名作”The Wizard of Oz”(オズの魔法使い)を読んだ感想とあらすじ【Oxford Bookworms ステージ1】

洋書で多読!名作The Wizard of Oz(オズの魔法使い)を読んだ感想とあらすじ【Oxford Bookworms ステージ1】 Oxford Bookworms

今日もOxford Bookwormsを使った洋書の多読にコツコツ取り組みました。

僕は以前、本家版の”The Wizard of Oz”を本屋で立ち読みしたことがあったんですが、分厚い洋書にあえなく挫折。

こうやって薄い本で再編集してくれると、洋書学習者にとってはありがたいかぎりです。

さて、それでは”The Wizard of Oz”のあらすじと、実際に読んだ感想をご紹介します。

“The Wizard of Oz”のあらすじ

主人公であるDorothyという女の子が、ある日やってきた竜巻に巻き込まれてしまいます。

一緒に住む叔父と叔母は地下室に逃げ込んで助かったのですが、Dorothyと愛犬のTotoは竜巻で家ごと吹き飛ばされてしまいました。

Dorothyが目を覚ましたのはOzという世界。そこで、Dorothyは「家に帰りたかったら、エメラルドシティに住むオズという魔法使いのところに行きなさい」とアドバイスをもらいます。

Go and see the Wizard of Oz. He’s a good wizard, and perhaps he can help you.

道の途中で出会う仲間たちと、オズのもとへ向かうDorothy。果たして彼女は家に無事、帰ることができるのでしょうか?

内容は完全に子ども向けだが、大人でもハッとさせられる描写

こんな感じで、”The Wizard of Oz”は完全に子ども向けのファンタジーです。

ですから、「こんな創作なんて読んでられないよ」という大人もいることでしょう(実際、僕も最初はそんなテンションでした…)。

でも、実際に読みすすめてみると、大人でも考えさせられる描写が多い作品です。

あと、あらすじだけを見ると「はいはい、どうせ最後は無事に家まで帰れるんでしょ?」と思いますよね?

僕も最初はそう思ってちょっとなめてたんですが、オズに会ってすぐに家に帰れて一件落着…かというとそんなこともないんです。

僕はてっきり、オズが完全無欠の魔法使いだと思っていたんですが、じつはなかなかのクズ野郎でした…(最終的には良いやつだけど)。

Oxford Bookwormsのステージ1にふさわしい題材と読みやすさ

Oxford Bookwormsですから、語彙数が制限されています。この作品は下から2番目に分類されるステージ1なので、非常に読みやすいです。

たとえば、最初の書き出しはこんな感じで始まります。

Dorothy lived in a small house in Kansas, with Uncle Henry, Aunt Em, and a little black dog called Toto.

文法的には特にむずかしくはないと思います。

ただ、ひとつわかりにくいところを挙げるとすれば、登場人物ですかね。

ここでは1つの文に Dorothy, Henry, Em, Totoという4名の人物がまとめて登場します。

洋書でありがちなのが「登場人物が多すぎてわからなくなる」だと思いますが、その懸念は拭いきれませんね。

とはいえ、この作品では主人公のDorothyと愛犬のTotoがメインなので、叔父と叔母はすぐに忘れてもOKです(笑)

このあたりの登場人物を整理して読み進めるのも、洋書で小説を読むために必要な力と言えるかもしれません。

  • 【おすすめ度】
  • 3.5
Oxford Bookwormsレベル別の洋書シリーズ
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

「読みたい本が見つかる」をコンセプトに、洋書・和書問わず読んだ本の感想を発信中。出版社や書店員としての勤務経験をもとに、読書についての話題を豊富に扱っています。いまは英語の勉強を頑張る日々です。株式会社ミシェルベース代表取締役。本のWebマガジン「コトビー」代表。

アユムをフォローする



いま読むべき本がわかるWebマガジン コトビー