【時間 + a.m ( p.m )】英語で午前・午後の時間を表現する方法

【時間 + a.m ( p.m )】英語で午前・午後の時間を表現する方法英文法・英語フレーズ

英語で午前・午後の時間を表記するときは、以下の表現が正しい書き方です。

  • 【時間 + a.m ( p.m )】
  • (例)6:00 a.m.    9:00 p.m.

今日は英作文の勉強をして、以下のような日本語の例題文を、以下のように間違って英訳しました。

ポイントとなるのは、太字で示した【時間】の書き方です。

  • 私はいつもバスで仕事に行ってます。午前9時に仕事にとりかかり、午後6時に勤務が終わります。
  • ☓【誤り】
  • I generally go to work by bus. At A.M 9, I get to work and at P.M 6 I go off duty.

日本語だとAM9時とかPM6時って表現をわりと普通に使いがちなんですが、英語での表記としては正しくないんですね。正しい書き方に直した文章は以下のとおりです。

  • ◯【正しい】
  • I generally go to work by bus. At 9:00 a.m., I get to work and at 6:00 p.m., I go off duty.

まとめると、

  • 午前9時は9:00 a.m.
  • 午後6時は6:00 p.m.

という書き方になります。ここでは文の途中に時間を書いているので「,」(カンマ)が付いています。

ちなみに、日本語では午後6時のことを「18時」と表記したりしますが、英語圏では一般的ではないようなので注意が必要です。あくまでも 「6:00 p.m.」を表記します。

英文法・英語フレーズ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 散歩好き
書店員および出版社での仕事を経験後、独立。2013年に読書ブログ「コトビー」を開始しました(月間約10万PV)。2017年に会社を設立(社員は0人)。本と本屋が好きです。このブログでは読書や書評記事を書いています。

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB