部屋の本を減らすために僕がやっていること

デスクの上だけを徹底的に掃除する本を売る・処分する

こんにちは、アユム [ @kot_book ] です。

本を読めば読むほど知識が貯まっていきますが、それと同じように部屋にも本が溜まっていきます。

部屋に溜まった本を見てみぬフリをしていると、あとで整理・処分するのが大変です。

というわけで今回は、僕が部屋の本を減らすためにやっていることをご紹介します。

3ヶ月に1回、本棚を総チェック

僕の家にはリビングに大きな本棚が1つあります。それ以外の場所には本を置いてません。

大きな本棚に集約することで、本の管理をラクにすることが目的です。

この本棚を、3ヶ月に1回のペースで総チェックを行います。

具体的には、自分にとって必要な本・不要な本を仕分けしていく感じです。

  • ・何度も読みたいと思える本
  • ・たびたび参照することがある本
  • ・装丁がきれいな本

など、残しておきたいと思える本であれば、残しておきます。

反対に、1年以上読んでない本については容赦なく処分の対象です。

残しておきたいと思う気持ちも大切にしますが、いらない本を残しておくメリットは皆無に等しいので、処分するときはわりと鬼の気持ちで仕分けしています。

ちなみに、僕は3ヶ月に1回のペースでチェックしていますが、本の量(本棚の大きさ)によってはペースを変えたほうがいいかなと。

小さい本棚であれば半年とか1年に1回で十分だとおもうし、大きな本棚だったら1ヶ月に1回のペースでやったほうが良い場合もあります。

積ん読はしない。読めない本はすぐ手放す

読書好きの悩みとして多いのが、読んでない本が山になった状態、いわゆる「積ん読」ですね。

僕もこれまで積ん読には悩まされてきました。

積ん読の原因は「本の内容が難しくて放置してしまうパターン」です。「ちょっと時間が経てば、読めるようになるだろう」という安易な考えのせいで、どんどん本が積み上がってしまいます。

そもそも、自分にとってむずかしい本は買わないというのが最善策です。とはいえ、どんなに吟味しても、むずかしい本を買ってしまうことってあるんですよね。

せっかく買った本ですから、もったいないのは事実です。ただ、部屋にある本を減らして適正な数をキープするには、読めない本をすぐに手放すという心がけが必須だと思います。

読めない本を本棚で熟成させるという手法もありますが、僕は熟成が上手くいった試しがありません(笑)

なので、少しでも「あ、これは読めないわ」と思ったら、本棚に溜めておくのではなく、すぐに手放すようにしています。

ちなみに、手放すときはメルカリで売ることもありますし、ネット買取でまとめて売却することもあります。

本を売るなら断然ネットがおすすめ!高く売れる宅配買取業者を完全比較
本を売るなら高く売れるネット買取がおすすめです。古本屋への持ち込みよりも、ネット書店の買取ほうが断然高く売れます。宅配サービスもあるのでとってもラクですよ。しかも無料でダンボールがもらえて、キャンセルも無料です。

そもそも紙の本を買わない。電子書籍にする

部屋の本を減らすことに意識が向きすぎると「この本、読んでみたいけど、また部屋に本が増えちゃうからやめとこう…」というブレーキがかかってしまうことがあります。

僕は、気になった本は手当り次第読んでみるべき派なので、なんとしてもブレーキは踏みたくないではどうするか?

読みたい本を我慢することなく、部屋の本を減らす最適な方法が電子書籍です。

僕は紙の本を今でも買いますが、以前に比べると電子書籍で読む時間が圧倒的に増えました。

電子書籍にすることで、「部屋にある本を減らさなきゃ」という強迫観念から開放されます。

そして、読めない本があったとしてもスグに処分する必要はありません。場所をとらないので、残しておくことも可能です。

部屋の本を減らす方法【まとめ】

  • ・3ヶ月に1回本棚をチェックして、要・不要で仕分けをする
  • ・読めない本は溜めるのではなく、すぐに手放す
  • ・紙の本ではなく、電子書籍で本を買うようにする

本を売る・処分する
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 散歩好き
書店員および出版社での仕事を経験後、独立。2013年に読書ブログ「コトビー」を開始しました(月間約10万PV)。2017年に会社を設立(社員は0人)。本と本屋が好きです。このブログでは読書や書評記事を書いています。英語学習ブログ「コトビーENGLISH」も運営中。

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB