【コンサル変更可】トライズに挫折する人はコンサルタントと相性が悪いだけかも

静かな場所へ移動して読書 トライズ(TORAIZ)

英会話を継続できる人もいれば、当然挫折する人もいます。

挫折を防ぐためには、専任コンサルタントが付く英会話がおすすめです。

なかでも英会話の「トライズ」はコンサルタントの質も高く評判も良いのですが、挫折してしまう人も少なからずいます。

わたしは実際にトライズに通っていましたが、トライズで挫折する多くの原因は「コンサルタントとの相性」にあるのではないか思っています。

コンサルタントの能力は高いが、質にバラツキがあるのは避けられない

トライズのコンサルタントは、実際に海外で仕事をした経験を持つ人材も多く、質は総じて高い印象です。

ただし、求人情報は「未経験歓迎」をうたっているので、コンサルタントの質にバラツキが出てしまうのは避けられないでしょう。

以下はトライズの運営会社である株式会社トライオンの求人情報の応募資格です(2018年10月時点)。

● 未経験歓迎。教育関連のご経験は不問です
● 英語力をお持ちの方。TOEIC800点以上(スコアは目安です。コミュニケーション能力を重視します)
● 英語で苦労した経験をお持ちの方

トライズのコンサルタントは必ずしも英語教育に関わってきた人だけではありません。飲食、不動産、金融、航空会社など、さまざまな業種・職種から人材を受け入れています。

つまり、英語教育については未経験な人がいる一方で、社会経験が豊富な人材が多く揃っているのがトライズのコンサルタントの特徴といえるかもしれません。

実際、わたしがトライズに通っていたときに担当してくれたコンサルタントさんは、外資金融や航空会社CAを経験した人でした。

コンサル能力が高くても、相性が悪ければ意味がない

たしかにトライズのコンサルタントは能力にバラツキがあるかもしれませんが、総じて能力は高いのではないかというのが私の抱いた印象です。

しかし、じつはコンサルタント能力以上に大切なのが、自分とコンサルタントとの相性です。

どんなにコンサルスキルがあって頭が良い人でも、自分と相性が悪い人とは一緒に英語学習は続けられないと思います。

コンサルタントとは最長1年以上付き合うことになる

トライズは3ヶ月〜1年間という期間から、自分の好きなコースを選ぶことになります。

つまり、長い人だと1年間はコンサルタントと付き合うことになるわけです。

ですから、相性が悪い人が担当になってしまうと気持ちよく英語学習ができないですし、挫折の要因になることも考えられます。

トライズのコンサルタントは英語学習のやる気維持に多大な影響を持つ

トライズの英会話をスタートさせると、ざっくり以下のようなカリキュラムで英語学習を進めていきます(1年間コースの一例)。

  • ・2週間に1回、コンサルタントのチェックテストを受ける
  • ・週に1回(50分)、グループレッスンを受ける
  • ・週に2回(25分)、オンラインでレッスンを受ける
  • ・毎日、コンサルタントに学習報告&フィードバックをもらう

コンサルタントと直接会うのは基本的に2週間に1回です。毎回学習範囲を決めて、その範囲をマスターできているかチェックテストを受けます。

学習報告は毎日することになるので、コンサルタントとは毎日メールやトライズ専用アプリでやり取りをします。

つまり、コンサルタントとは非常に近い関係で学習を進めていくことになるのです。

コンサルタントとの相性はどこで判断すべきか?

頻繁にやりとりをすることになるコンサルタントとの相性が悪いと挫折の要因にもなります。

では、コンサルタントとの相性はどこで判断すればいいのでしょうか?ここではわたしの経験をもとにいくつかポイントを挙げてみたいと思います。

  • ①自分の仕事について知っている
  • ②実際に英語学習で悩んだ経験がある
  • ③会話のフィーリングが会う

①自分の仕事について知っている

トライズはビジネスパーソンの受講者が多いと思います。ですから、仕事に生かせるような英語学習ができるといいですよね。

さきほど説明したように、トライズでは前職の経験が豊富な人が多いため、ビジネスのことをわかっている人が揃っていると思います。

自分の仕事と同じジャンルを経験したことがあるコンサルタントであれば、話はスムーズですし、英語学習の進め方もより具体的になるはずです。

②実際に英語学習で悩んだ経験がある

トライズのコンサルタントは、基本的に帰国子女などは雇っていないようです(そのように私のコンサルタントが言っていました)。

このようなトライズの方針があるので心配ないとは思いますが、英語学習に苦労した経験を持つコンサルタントのほうがトライズの受講生とは相性がいいと思います。

というのも、自分自身が実際に経験してきた悩みを持つコンサルタントのほうが、こちらの悩みや疑問を理解してもらいやすいからです。

③会話のフィーリングが会う

本当の意味での”相性”ということでいえば、結局のところ会話のフィーリングが一番重要だと個人的には思います。

フィーリングはすごくあいまいで、言葉では的確に説明できないものです。

たとえば、会話をしているときの”間”やイントネーションなどがフィーリングを構成するものの1つでしょうか。

コンサルタントと話をしてみて、会話が弾んだり、自然と打ち解けられるようなら相性が良いと言えるのかも知れません。

ちなみに私を担当してくれたコンサルタントさんは会うたびに元気がもらえて、英語学習のモチベーションにつながる素晴らしい人でした。

とはいえ、「コンサルタントが良くなかった」という口コミや評判もたしかに存在するので、それはやはり相性の問題なのかなと思います。

相性が悪いと感じたら、すぐにコンサル変更をお願いするべき

トライズのコンサルタントは指名できるわけではなく、申込み後に正式決定します。

つまり、カリキュラムがはじまるまで、誰が担当になるのかわかりません。

もし担当してくれたコンサルタントと相性が悪いと感じたら、変更してもらうようにしましょう。

あまり大々的に公表していないようですが、トライズは途中でコンサルタントの変更ができます。

変更したい場合は、通っているスクールのセンター長に申し出ましょう。

せっかくトライズをスタートしたのに、相性が悪いだけで挫折するのはもったいないですからね。

トライズのコンサルタント能力が心配な人も、安心してはじめるべき

どんな英会話スクールでも同じですが、自分に合っているか心配ですし、続けられる自信がないという人も多いと思います。

トライズはレッスン開始から1ヶ月以内であれば、全額返金が受けられます(ただし、1年間コース限定)。

つまり、万が一挫折しても、お金が戻ってくるわけです。これなら、お金をムダにする心配もなくなるので安心です。

トライズ(TORAIZ) 英会話スクール
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

ライター。書店と出版社での仕事を経験後、本と英語のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。1988年、千葉県生まれ。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。

アユムをフォローする



本と英語のWebマガジン コトビー