トライズのグループレッスンが苦手で合わない人はマンツーマンに切り替え可能

トライズ(TORAIZ)

英会話のトライズでは、週2回のネイティブ講師とのマンツーマンレッスンのほかに、週1回のグループレッスンがあります。
グループレッスンは実際に教室に通って、他の受講生と一緒にレッスンを受けることになります。
グループレッスンにはメリットもありますが、大勢を前に話すのが苦手で合わない人もいます。
そんな人は、トライズのグループレッスンをマンツーマンレッスンに変更することができます。その方法を紹介します。

スポンサーリンク

私はグループレッスンをマンツーマンに切り替えました

英会話を本気でやりたくてトライズを受講しようと決めたものの、ネックになったのがグループレッスンでした。
トライズのグループレッスンは授業のコマによって生徒の人数が2〜4人になりますが、最大で4人の生徒が参加するのでけっこう緊張します。
大勢の前で話すのが苦手な人もいるでしょうし、それが合わずに英会話を挫折してしまう人も多いのが実情です。
つまり、無理してグループレッスンを受ける必要はまったくありません。グループレッスンをマンツーマンに変更してしまいましょう。
トライズは申込み後の最初の面談で学習スケジュールを組むのですが、そのときに「グループをマンツーマンへ変更したい」とコンサルタントに伝えれば、それだけでマンツーマンレッスンが受けられます。
実際、わたしはグループレッスンという緊張する環境では話せないことが目に見えていたので、最初からマンツーマンに切り替えるつもりでした。

50分のグループレッスンは、25分のマンツーマンになる

グループレッスンの時間は50分間です。そして、マンツーマンレッスンの時間は25分です。
つまり、【グループ→マンツーマンへの切り替え】によって、レッスン時間が25分間短くなります
時間だけで考えるとグループレッスンのほうがお得のようにも思えますが、他の生徒が英語を話す時間もあるので、自分が喋れない時間が当然あります。
積極的に話せる人はいいでしょうが、話せない人はほとんど話せずに終わることもあるので、グループレッスンは損です。
変な言い方ですが、グループレッスンで話せない自信がある人は、素直にマンツーマンへ切り替えることをおすすめします。

グループレッスンのメリット

とはいえ、トライズのグループレッスンにはメリットもあります。考え方によってはグループレッスンを受けたほうが良い可能性もあるので、それぞれの事情にあわせて選ぶ必要があります。
メリットは以下のとおりです。

  • ①他の生徒との出会いがある
  • ②非ネイティブの英語を聞き取る練習になる
  • ③ミーティングや議論の練習になる

①他の生徒との出会いがある

トライズの英会話は最大で生徒が4人とネイティブ講師1人の合計5人でのグループレッスンとなります。
自分と同じような境遇の人と同じクラスで授業を受けるというのは、またとない出会いのチャンスです。
出会いは当然男女のものもあれば、仕事につながる出会いもあるでしょう。
他の生徒と一緒にランチに行ったり、飲みに行ったりする機会があれば、お互いを励まし合いながら学習を続けられるはずです。

②非ネイティブの英語を聞き取る練習になる

マンツーマンのレッスンだと、相手は必ずネイティブ講師ですから良くも悪くも”聞き取りやすい英語”で英会話をすることになります。
しかし、全世界で英語を話す人のうち、約8割が非ネイティブ・スピーカーだと言われています。
つまり、英語を母国語としない人のほうが圧倒的に多いわけです。これは、聞き取りやすい英語よりも、非ネイティブの聞き取りにくい英語でやりとりする場面のほうが多いことを意味します。
ということは、ネイティブ講師のキレイな英語ばかりに触れるよりも、非ネイティブの英語にふれておいたほうが、将来的な応用性は高いとも言えるのです。
グループレッスンは、他の生徒の英語を聞くことになりますから、非ネイティブとのやりとりという意味では十分に価値がある時間とも言えるでしょう。

③ミーティングや議論の練習になる

グループレッスンの進め方は講師によってさまざまのようですが、なかには会議やディスカッションのような授業を進めるクラスもあります。
たとえば、あらかじめ1つのテーマについて自分で意見を立てておき、それをグループレッスンのなかで発表し合うようなスタイルです。
ミーティング形式の授業では、進行役(ファシリテーター)となる人を決め、その人が授業を進行するという流れになります。
とすると、英語で司会をすることになりますから、それなりの英語力が必要になるでしょう。
英語初心者にとってはゾッとするような授業ですが、仕事でビジネス英語をバリバリ使う人にとっては、このうえない経験になるはずです。
ちなみにトライズの受講者には社会人も多く、それなりに教養が高い人が多いようなので、そういった意味でも良い授業となりそうですね。

グループレッスンのデメリット

さきほども少しふれましたが、グループレッスンにはデメリットも多いので注意が必要です。
わたしが考えるグループレッスンのデメリットは以下のとおりです。

  • ①とにかく緊張する。精神的に良くない
  • ②喋れない時間が長いとかなりムダ
  • ③教室に通うのが大変

①とにかく緊張する。精神的に良くない

グループレッスンは緊張必至。慣れてしまえば問題ないとは思いますが、それまでが大変です。
緊張のあまりレッスンに参加したくなくなる現象も起こり得るので、余計な挫折要因にもなります。

②喋れない時間が長いとかなりムダ

グループレッスンの一番のデメリットが、やはり話せる時間が少ないということです。
トライズでは生徒のレベルに差が出ないよう配慮してくれるようですが、それでも完全均一というわけにはいきません。
グループレッスンで損をするのは、英語が話せない初心者です。それなりの日常会話に自信がないのであれば、グループレッスンはやめておいたほうが良いでしょう。

③教室に通うのが大変

週2回のネイティブ講師とのマンツーマンはネットでやるので通学不要です。
しかし、グループレッスンは自分が通う教室へ行かなければなりません
週1回とはいえ、交通費もかかりますし、移動時間も発生します。仕事や通学圏内にあれば気にならないかも知れませんが、遠方から通う場合は特に注意が必要です。

途中でレッスンの形態を変えることは可能

グループレッスンとマンツーマンで悩んでいる人は、とりあえずグループレッスンでスタートしてみるのも一つの方法です。
というのも、グループレッスンをやってみて、「やっぱりマンツーマンがいいな」と思ったら、途中からマンツーマンに変更してもらえるからです。
さすがに何度も変更するのはやめたほうが良いと思いますが、まずはどちらかで試してみることができるので、そこまで重く考えなくても大丈夫かなと思います。

グループレッスンが苦手な人はトライズがおすすめ

ここまでトライズのグループレッスンについて見てきましたが、結論は「少しでもグループレッスンに苦手意識があるなら、マンツーマンにすべき」ということです。
わたしはグループレッスンの魅力も少し感じたので、正直かなり迷いました。でも、結局最初からマンツーマンに変更してもらって、結果的に大正解でしたよ。
そもそもわたしは千葉県から銀座に通うという距離的な問題もあったので、少しでも時間を節約できるという意味でも、緊張という精神的な負担を取り除くという意味でも後悔はありませんでした。
トライズはそれぞれの事情にあわせて柔軟に対応してくれるので、そのあたりにはすごく好感が持てます。
■ [【無料】トライズのカウンセリングを受けてみる]

トライズ(TORAIZ)英会話スクール
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

1988年、千葉県生まれ。書店と出版社を経て、ライターとして活動中。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。

【読みたい本が見つかる】をコンセプトに、洋書・和書のおすすめ本をご紹介。「読書が大好きで、洋書も気になるし、英語も身につけたい」。そんな欲張りな人(自分含め)に向けて記事を書いています。

アユムをフォローする



読みたい本が見つかるWebマガジン コトビー