「洋書を読みたい」と思ったら最初にやるべきこと&やってはいけないこと

「洋書を読みたい」と思ったら最初にやるべきこと&やってはいけないことおすすめ英語教材・本

こんにちは、アユム [ @kot_book ] です。

誰もが一度は「洋書が読めたらな…」と憧れを抱いたことがあると思います。

僕は何度も挫折しながら、最近ようやく洋書のペーパーバックを読めるようになってきました。

今回は「洋書を読みたい」と思った人が、最初にやるべきことを解説します。

それとあわせて、これは絶対にやってはいけないという”禁忌”についても、僕の体験談を交えながら紹介していきます。

なお、対象としているのは英語初学者です。英語をそれなりに勉強してきた人には当てはまらないところもありますので、ご留意ください。

最初に知っておくべき、本選びのコツ

洋書が読めない人は「見出し」が多い本を選ぶのがおすすめ【効果を実感】

洋書を読もうと思ったとき、1番重要なのが本選びです。つまり、どの本を読むかによって洋書リーディングの成否はほぼ決まるといっても過言ではありません。

洋書を読めずに挫折してしまう人が多いのは、自分が読めない本を無理に読もうとしていることが原因です。

裏を返せば、自分が読めるレベルの洋書を選べば、挫折する確率をほぼ0%にすることができます。

洋書を読みたいと思ったら、本選びにしっかり時間をかけるようにしましょう。

では、具体的にどのような洋書を選べばいいのでしょうか?

  • ◯ 文字が少なく、イラストが多い本(絵本もおすすめ)
  • ◯ 見出しが多い本
  • ◯ ページ数が少ない本
  • ◯ 自分が興味のあるジャンル、テーマの本

文字が少なく、イラストが多い本(絵本もおすすめ)

「洋書を読みたい」と思ったとき、真っ先に思い浮かぶのばペーパーバックではないでしょうか?

ペーパーバックというのは、一般的によく売られている洋書のことで、カバーやページに薄い紙が使われています。

こういうやつです↓

洋書でよく見かける Preface、Foreword、Acknowledgement、Author's note の意味

僕もそうだったんですが、ペーパーバックを読むのって憧れも強いので、ついつい手を出してしまいがちなんですよね。

でも、英語初学者はペーパーバックではなく、文字が少ない本を選ぶことをおすすめします。

具体的にはイラスト中心の本、もっといえば絵本からスタートしたほうがいいでしょう。

「いい大人が絵本を読むのはちょっとなぁ…」という気持ちもあるとは思いますが、挫折なしでスタートを切るには絵本はピッタリです。

見出しが多い本を選ぼう

「絵本はどうしてもイヤ」という人は、なるべく見出しが多い本を選びましょう。

見出しには文章に書いてあることを端的にわかりやすく表現する役割がありますが、それ以外にも「小休止ができる」というメリットがあります。

つまり、見出しのところで一休みができるので、洋書を読むときに起こりやすい疲労感と上手に付き合うことができるわけです。

見出しが多いと洋書は読みやすい!

ただ、見出しが多い洋書というのは割合的には少ないです。なので、本屋でしっかり立ち読みをしてから買うか、AmazonのKindleで試し読みをしてから購入する必要があります。

見出しが多いおすすめの洋書については、以下の記事でくわしく紹介しました。

洋書が読めない人は「見出し」が多い本を選ぶのがおすすめ【効果を実感】
洋書が読めないと悩む人におすすめしたいのが「見出しの多い本」です。見出しが多い本は、洋書初心者にもおすすめ。僕自身、効果を実感しているのでぜひ試してみて欲しいです。

ページ数が少ない本(薄い本)を選ぼう

OxfordBookwormsの薄さ

洋書のペーパーバックは基本的にページ数が多いものが多く、最後まで読み切るのはなかなか大変です。

その分厚い本が読みやすかったとしても、圧倒的な物量の前に嫌気が差したり、やる気が失われる可能性があります。

洋書を最後まで読みたいのであれば、ページ数が少なくて薄い本を選ぶようにしましょう。

薄い本であっても、最後まで読み切ったという達成感はなかなか素晴らしいものです。

この達成感はけっこう重要です。読破することで「よし、次の本も読んでみよう」という気持ちが沸き起こってきます。

ちなみに、薄い本も探すのが意外と大変です。一般的なペーパーバックで薄い本は種類が多くありません。

なので、最初はGR(Graded Readers)と呼ばれる、レベル別の洋書からスタートするのがおすすめです。

【洋書初心者におすすめ】GR (Graded Readers)で英語多読をする4つのメリット
英単語の数が制限されているGR(Graded Readers)の読み方と活用方法、さらにはおすすめの洋書をご紹介します。かれこれ20冊以上読んできましたが、辞書なしで英語が読める喜びは最高です。

自分が興味のあるジャンル、テーマの本を

洋書を多読!”The Coldest Place On Earth”のあらすじ&感想【Oxford Bookworms ステージ1】

「洋書を読みたい=英語で書かれた本が読みたい」という気持ちが強すぎると、本選びがいい加減になりがちです。

洋書といえど、あくまでも自分が興味のあるジャンルやテーマの本を選ぶようにしましょう。というより、洋書こそ自分が読みたいと思う内容の本を選ぶべきです。

興味のあるジャンルであれば、わからない箇所が出てきても意欲的に読み進めることができるでしょう。

さらにいうと、【興味のあるジャンル+得意なジャンル】だと尚良しです。予備知識があれば、くわしい説明がなくても自分の頭のなかで組み立て、理解しながら読むことができます。

たとえば僕の場合でいうと、これまで和書でビジネス書をたくさん読んできたので、仕事術とか時間術とか自己啓発的な内容はそれなりに頭に入っています。

僕が初めて読み切ることができた洋書”MAKE TIME”は、自分の興味や知識にぴったりの内容だったのが良かったと思っています。

【時間術が身につく洋書】”Make Time”を読んだ感想。時間の使い方が劇的に変化した
洋書"Make Time"を読んだ感想とおすすめポイントをご紹介します。わかりやすい英語で書かれていて、イラストも豊富なので挫折しにくいはず。僕が初めて読破できたペーパーバックです。

初めて洋書を読むときにやってはいけないこと

  • × 表紙だけ見て、なんとなく買う(ジャケ買い)
  • × 映画やドラマの原作を読もうとする
  • × 小説はおすすめしない
  • × わからない単語が出たら、すぐに辞書を引くこと

× 表紙だけ見て、なんとなく買う(ジャケ買い)

洋書って表紙のデザインがおしゃれなものが多いんですよね。

それにつられてついつい買ってしまうことも多いんですが、洋書をちゃんと読み切りたいのであればジャケ買いは避けましょう。

僕はこれまでたくさん洋書を買ってきましたが、ジャケ買いをして買った本は一度たりとも最後まで読み切ったことはありません。

表紙の惑わされるのではなく、しっかり中身を読んで「これなら読めそうだ」と納得したうえで買うようにしましょう。

もちろん、インテリアとして買うとか、表紙のデザインに惚れて買うのであれば話は別です。

装丁デザインが美しい!手に持つだけで興奮する「ジャケ買い必至」の本4冊
本を選ぶ基準は人それぞれですが、最近のわたしは「装丁買い」にハマっています。 装丁(そうてい)というのは、わかりや...

× 映画やドラマの原作を読もうとする

海外の映画やドラマってすごい身近ですよね。僕も最近は”SUITS”にハマっています。

知っている映画やドラマの原作を洋書で読んでみようと考える人も多いと思います。

知っている内容であれば、理解しやすいのは間違いありません。

ただ、洋書初心者の人が映画の原作本を読むのはハードルが高いと思います。

もちろん内容にもよりますが、基本的に物語は読むのがむずかしいので、最初の1冊としてはおすすめしません。

これは、小説を読むのをおすすめしないのと同じ理由です。

× 小説はおすすめしない

洋書の返り読み

「ペーパーバックを読むなら大作の小説を読みたい!」と考える人も多いはず。

たしかに、分厚い小説を読むのは悦に入るにはピッタリですし、読み切れれば最高の満足感が得られるでしょう。

ただ、洋書を読みたい人が最初の1冊目に洋書を選ぶのはおすすめしません。

なぜなら、小説は「行間を読む」ということが必要とされるからです。もっとわかりやすくいえば、想像力です。

小説では、必要な事実をすべて丁寧に説明したりはしません。情景描写や主人公のセリフから「おそそらくこんな心情なんだろう」と、読者が想像する必要があります。

この想像こそが小説の素晴らしいところではありますが、英語に不慣れな人にとってはハードルが高いと言わざるを得ません。

初めての洋書は、想像力が必要とされる本ではなく、事実がわかりやすく書かれている本をおすすめします。

具体的にはビジネス書、歴史の本、科学の本などです。もちろん、こうした本も「専門用語」という壁がありますが、やさしい単語で書かれている本もあります。

洋書を多読!”Ever Wonder Why?”で雑学の知識を身につける【読んだ感想】
”Ever Wonder Why?”で洋書多読!読んだ感想をご紹介します。”Ever Wonder Why?”は雑学(トリビア)が書かれた本です。むずかしい単語も多いけど、見出しも多いのでおすすめです。

× わからない単語が出たら、すぐに辞書を引くこと

英語の本

洋書を読んでいると必ずわからない単語が出てくるはずです。

多くの人はすぐに辞書を引いて意味を調べようとしますが、これをやっているとキリがありません。

洋書を読むのではなく、辞書を引くのが目的になってしまうと、すぐに読むのがイヤになってしまいます。

そもそも、辞書を何度も引かなければ読めない本というのは、自分のレベルに合ってない証拠です。

目安としては、わからない単語が1ページに2〜3個までの本を選ぶといいでしょう。その程度であれば、単語の意味がわからなくても、全体の文章から意味を読み取ることができます。

【挫折の原因】2〜3文連続で意味が取れない洋書は挫折しやすい
洋書で「わからない英単語は推測して読む」ためには、2〜3文読んでみて意味がとれるかチェックしてみるのがおすすめ。2〜3文読んで意味が取れれば、洋書を挫折せずに読み通せる可能性は高くなると思います。

洋書を売っている本屋が近くにない人は

電子書籍は携帯性に優れて持ち運びに便利!

最初に説明したとおり、洋書を読みたいのであれば本選びにじっくり時間をかけるべきです。

当然、中身を読んで自分でも読めるかどうかチェックする必要があります。

しかし、残念ながら洋書を扱う本屋は非常に数が少ないです。街の小さな本屋で洋書を売っている可能性は限りなくゼロでしょう。

洋書が売っているのは大型書店に限られますので、気軽に買えるとは言えないのが実情です。

近くに洋書を売っている本屋がない人は、AmazonのKindleを使って電子書籍で洋書を読みましょう。

Kindleなら本屋に行くことなく洋書が手に入ります。なにより、「売ってない本のほうが少ないのではないか?」と思えるほどラインナップが豊富です。

洋書を単品購入するのもいいですが、個人的にはKindle Unlimitedがおすすめ。洋書が読み放題になるので、気になった本を手当り次第読みまくることができます。

30日間無料でKindle Unlimitedを試してみる

【洋書の買い方まとめ】ペーパーバックを安く買うおすすめの方法6選
僕が実際にやっている洋書の買い方を6つご紹介します。ペーパーバックはネットで買うことが多いですが、日本国内でも洋書が買える本屋はたくさんあります。安く洋書を買う方法も解説。

大量の本を読んでるのに、書籍代が安いワケ

kindle umlimited

僕は年間200冊ほど本を読んでいますが、じつは本を買うのにかかるお金は非常に少ないです。毎月3,000円くらいでしょうか。

その理由は、本の読み放題サービスを使っているからです。

Amazonの Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド)は月額980円(税込)で200万冊以上の本が読み放題になります。

書籍はもちろん、雑誌やコミックも読み放題なので、大量の本を読む僕にとってはもはや神サービスとなっています。

ちなみに、初めての人は30日間無料でお試しができるので、ぜひ読み放題サービスを体感してみてください。

【30日間無料】
Kindle Unlimitedを試してみる ▶
 

おすすめ英語教材・本 リーディング・多読
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 映像編集者
千葉県生まれ。書店と出版社での仕事を経験後、本のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。車とキャンプのYouTubeもやってます。くわしいプロフィールはコチラ

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB