英会話トライズはコンサルタントを指名できないが、あとから変更できる

トライズ(TORAIZ)

英会話のトライズ はコーチング型英会話なので、専任のコンサルタントが付いてくれます。
トライズ の場合、短くても3ヶ月、長ければ1年間をともに過ごす相手ですから、コンサルタントの質や相性はすごく重要です。
コンタルタントを指名できればベストなのですが、誰が自分の担当になるのかは、申し込んでみないとわからない(選べない)のが実情です。

コンサルタントと相性が合わない場合もある

トライズのコンサルタントの多くは海外経験も豊富な人材が揃っていると思います。
実際、わたしを担当してくれたコンサルタントは外資系金融と航空会社のCAを経験した人でした。
話を聞く限り、優秀な人が多く、トライズのコンサルタントのクオリティは高いと思います。
しかし、コンサルタントのクオリティが高いことと、自分と相性が合うことは別問題です。たとえるなら、クラスの人気者で明るくて性格が良い人でも、友達として仲良くなれるとは限らないのと同じ。結局、それは自分と相手との相性で決まるからです。

担当のコンサルタントはどうやって決まるのか?

トライズでは入会前に必ず無料カウンセリングを受けます。無料カウンセリングではトライズの仕組みや方針、いまの自分の英語力や、英語を学ぶ目的や目標などを伝えて、学習プランなどを提示してもらいます。
もしそこで良さそうと判断すれば、そのまま入会も可能です(無理な勧誘はまったくないので、断るのも全然平気)。
無料カウンセリングを担当するコンサルタントと、本申し込み後に担当するコンサルタントは同じとは限りません。

わたしのコンサルタントが決まった瞬間

わたしは誰が自分のことを担当するのか気になったので、無料カウンセリングのときにコンサルタントにこう聞いてみました。
「ちなみに、実際にどなたが担当になるかすでに決まっているのでしょうか?」
と聞いたところ、
「まだ決まっていません。スケジュールを確認して、空きがある人が担当します」
とのことでした。そしてそのあと、
「もしよろしければ、いまスケジュールの確認をしてきましょうか?」
ということだったので、その場で誰が担当になるのかを事務所で確認してきてもらいました。
5分後くらいにカウンセリングしている部屋にコンサルタントが戻ってきました。
「もしよろしければ、わたしが担当させていただいてもよろしいでしょうか?」
とまさかの展開。もちろんノーとは言えないので、無料カウンセリングと同じ人が正式に担当者として付いてくれることになりました。
その人のことはカウンセリングを開始してすぐに良さそうだなと思っていたので、むしろ良かったです。
これがイマイチな人だと断ることもできないので、なかなかしんどいと思います。
わたし個人の考えとしては、コンサルタントはすごく重要なので、もし会えるなら無料カウンセリングのときに担当してくれる人と直接会ってみたほうが良いと思います。
無料カウンセリングのコンサルタントが良くても、実際に担当するコンサルタントがイマイチだったというケースは十分あり得ますから。

コンサルタントを変えてもらうこともできる

もし最初に付いたコンサルタントと相性が悪かったり、納得がいかない事がある場合には、コンサルタントを変更してもらうこともできます。
コンサルタントを変える場合、本人に直接言えないので、通っているスクールのセンター長(各教室の代表者)に直接伝えれば変更は可能です。
さきほど説明したとおり、トライズにおいてコンサルタントの良し悪しは学習成果に大きく影響します。ですから、少しでもイヤだなと思ったら遠慮なく変更を申し出たほうがいいと思います。
トライズの高い受講料の多くは、コンサルタント代みたいなものですからね。

トライズ(TORAIZ) 英会話スクール
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

ライター。書店と出版社での仕事を経験後、本と英語のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。1988年、千葉県生まれ。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。

アユムをフォローする



本と英語のWebマガジン コトビー