英会話トライズを退会しました。退会の手続きと全額返金の流れ

トライズ(TORAIZ)

意気揚々と英会話のトライズをスタートし、約3週間が経過しました。
挫折せずに続いたので、これからもがんばって続けるつもりでした。しかし、一身上の都合で辞めざるを得なくなったので、先日トライズを退会しました。
トライズは受講開始日から1ヶ月以内の退会であれば全額返金保証を受けることができます。
退会までの手続きの流れと、どんな心境だったのかもくわしく書きたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもなぜトライズを退会したのか?

トライズ自体に大きな不満はありません。コンサルタントさんも優秀で、すごく信頼できる人でした。
強いて言えば、ネイティブ講師のレベルが少し高く感じましたが、それでも人柄がよく、満足の行く英会話レッスンでした。
なにはともあれ、退会するのは私自身の都合によるものです。トライズは挫折させない仕組みがあるので、トライズの名誉のために、これだけはお伝えしたいと思います。
とはいえ、受講生のなかにはトライズのコンサルタントやネイティブ講師の英会話品質に満足できずに退会する人もたしかに存在します。
これから英会話をはじめる人に、トライズはおすすめです。ただし、コンサルタントとの相性は100%保証はできません。
https://investocker.com/toraiz-consultant/

退会を決意してからの、流れ

退会をすることが決まってから、まずはコンサルタントの人にメールをしました。
メールをする前は、「(しつこく引き止められるかもな…)」と心配だったのですが、これが意外とあっさり。
「とても残念です。次お会いするときに話を聞かせてください。返金先の口座情報が必要なので銀行名、口座種類、口座名義、支店名、口座番号をご確認のうえお越しください。」
という手続内容も一緒にメールで送られてきました。
正直、やめるためだけに教室まで行くのはしんどいし、会うのも気まずいので行きたくない気持ちもありました。
でも、コンサルタントさんには本当にお世話になったので、最後はしっかり挨拶をしたいと思い、頑張って退会手続きのために教室まで行きました。
実際の手続きは教室に行って退会届に必要な情報を書くだけ。早ければ5分もかかりません。
あまり良くないとは思いますが、やろうと思えば郵送だけで退会届のやり取りは可能だと思います。

退会の理由はしつこく聞かれる?

わたしが退会をした理由は、仕事と家庭の事情でした。だから、あまり話したくない内容なんですよね。
退会の手続きのときに、しつこく聞かれたら嫌だなと思ってました。
このあたりはコンサルタントさんによって違うでしょうが、わたしは退会理由を細かくは聞かれませんでした。
「家庭の事情なんです。。」と伝えるだけで、向こうから深くは理由は聞いてきません。
ちょっとだけ申し訳ない気持ちになりました。

本当に全額返金されたの?

トライズは、全額返金保証をウリにしています。
これは、入会時に6ヶ月分or1年分の受講料をまとめて払った人だけに適用されます。つまり、月払いの人は対象になりません。
全額返金が保証されるのは、受講開始日から1ヶ月間のみ。その間であれば、本当に全額丸々返金されます。入会時に振り込んだお金、全額です。
受講から1ヶ月を過ぎてしまうと、残っている期間分の受講料は返金されますが、コンサルタント料などは戻ってきません。
ですから、本当に全額きっちり戻ってくるのは、受講開始日から1ヶ月間のみということになります。
退会前はちょっと心配だったのですが、実際に全額戻ってきたのには驚きました。しかも、1回受験したVersant代も返金されるという徹底っぷり。
トライズを辞めたあとにこんなことを思うのも皮肉なもんですが、退会後にさらに信頼できるスクールだなと感じました。

これからは独学で英会話を習得します

トライズを退会することにはなりましたが、英語学習に挫折したわけではありません。
そして何より、トライズに挫折したわけではないので、英語に本気で取り組みたいという人にトライズはオススメです。
わたしは退会せざるを得ませんでしたが、これからトライズを受講しようと考えている人がうらやましい。。ぜひやりきってください!
とりあえず、わたしは独学で英語学習は続けていこうと思っています。

トライズ(TORAIZ)
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

1988年、千葉県生まれ。書店と出版社を経て、ライターとして活動中。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。

【読みたい本が見つかる】をコンセプトに、洋書・和書のおすすめ本をご紹介。「読書が大好きで、洋書も気になるし、英語も身につけたい」。そんな欲張りな人(自分含め)に向けて記事を書いています。

アユムをフォローする



読みたい本が見つかるWebマガジン コトビー